Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

フロートステーションの自作 (AFS専用)

category - Neptune Apex
2017/ 05/ 13
                 
オーバーフロー水槽では、どぉしても餌を投下すると水面を漂い半分以上フロー管に流れてしまいます。
その為オーバーフロー水槽では、流され防止の為フロートステーションを設置して餌を与えするのが一般的です。

手動での投下する場合は市販のフロートステーションでも問題ないと思いますが、自動給餌器で投下する場合はサイズ&形が合う物がないのでかなり限られて来ます。
しかも吸盤roマグネットでの設置はしたくないと考えてて。。。
もぉこの条件を満たす製品はこの世に存在しないですね

現在ApexのAFSを設置していますが、このフロートステーション問題で稼働せず手動です( ̄▽ ̄;)


S0214049.jpg

水槽は成るべくスッキリさせたいので、アクリルパイプを使って餌やり後片付けています。
ちょっと苦になって来たので。。。
重い腰を上げてAFS専用フロートステーションをDIYをる事にしました。

DIYする前にどんなフロートステーションを製作するかまとめて行きます。

  1. ApexのAFS専用
  2. マグネットro吸盤は使わない
  3. 形は四角
  4. アクリル板で製作
  5. 美観性を重視

設置場所がメインタンクの目立つ所なので、今回は美観性がとても重要になります。


アクリル板。。。get
S0014024.jpg

はざい屋さんで、4枚セミオーダーカットしてもらいました。

S0024025.jpg

クリアー厚さ5mm
小物は3mmでも良かったかもしれませんね。。。

S0054029.jpg

アクリル接着剤、光 を使って接着していきます。
アクリルサンデーよりも粘土が低く、浸透しやすく不意に付着した際も跡が残りづらいです。

S0034027.jpg

完成
サイズは90×60×60mm
最後の接着がちょっと難したったですが殆ど空気が入らず製作出来ました^^


設置
DSCF4031.jpg

AFSのクランプに挟み込む感じなので、マグネットro吸盤も使わずシンプルです。

DSCF4034.jpg

餌待ち。。。?

DSCF4032.jpg
苔だらけですが気にしないで下さい。。。

下から
クリアーは水中では同化して目立ちませんね

DSCF4033.jpg

んーやっぱり2~3mm厚の方がよかったかも。。。( ̄▽ ̄;)

これ浮いてないから。。。
フロートステーションじゃないね。。。
フードステーションかも?
餌は浮いてるからやっぱりフロートステーション?

まぁどっちでもいいやw


これで餌やりを忘れずに与える事が出来るようになりましたとさ^^


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。