Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

サンプのデトリタス吸引器

category - 機材
2016/ 10/ 10
                 
エメラルドグリーンクラブ2匹入れた事もありデトリタスの蓄積が目立って来ました。お魚にも粒餌を少し多めに与えている影響もあると思います。
フィルターソックスも100μの細かい物を使っていますがやたらデトが溜まる( ̄▽ ̄;)
週2回1滴Bio-mateを添加していますが効果が。。。量が足りないのかな?
zeo-lifeの添加も増やす必要があるかも知れない。。。

今日は添加剤の事はいいやw
デトリタスの吸上げ方法は結構前から色々悩まされ考えていました。
Sumpは大抵水槽より低い位置に設置しているので、高低差無いとサイフォンの原理でデトを吸い上げるのは難しいかも?基本何らかの動力源が必要になり、人力、電力、風力、水力、念力のどれか。。。

まぁ、電力を使いポンプを動作させるのが妥当だと思いますがNanoサイズのSumpを掃除する自給式ポンプを探すのは容易ではなくDIYで工夫しなければ成りません。。。

水槽が大きくsumpが広ければ日立 ハンディポンプ C-P30W を使えばいいのかもしれないが。。。
こんなん使ったらSumpの海水全部無くなるw


そんな訳で今日はDIYで製作したデト吸引器を紹介したいと思います。
先ずは、エアーポンプの弁を反対に取り付けエアーを排出ではなく吸引させてデトを吸い上げる方法です。(エアーポンプの弁の反対方法はリンク先のサイトを参照してください)

Nano吸引器プロトタイプ1号
io 001

具材は2ℓペットボトル、エアーポンプSSPP-3S 、チューブジョイント、浄水器用ハードチューブ、上の写真には載っていませんが、エアーチューブやアクリルパイプも使いました。

io 009

ペットボトルの蓋に2箇所穴を明け、ジョイントとハードチューブをぶっ刺して。。。

io 011

裏側はホットボンド で固定します。

io 012

各パーツを組み、Nano吸引器プロトタイプ1号完成です。

仕組みは、エアーポンプでペットボトル中の空気を抜き真空状態を作り、もう片方の穴から強い吸引力を得ることができ液体&気体を吸引してくれます。

io 016
before
バブルキンブ DC130 サンプ汚れ
after
io 018


こんな感じで吸引出来ます^^

まとめ
注意点は、吸引を適度なと所でポンプを停止又は、吸引口をSumpから出さないと液体がエアーポンプまで回ってしまい故障&お部屋の洪水に見舞われます。

あとはエアーポンプのサイズと容器の硬さや大きさのバランスが取れてないと上手く吸引できないかもしれません、エアーポンプが強力だとペットボトル(容器)が真空力で潰れます。逆にポンプが弱すぎたり容器が密閉状態じゃない場合では吸引力は弱く成ります。

メリットは、吸引量が多くないので、細かい所まで落ち着いて吸引出来ます。

デメリットは、密閉式の容器が必要&後片付けがメンドイ保管場所に困ったw

改善箇所は、吸引側も先端以外はソフトなチューブにした方が使いやすいかも。。。


今紹介したのは前に製作した物です。
っで今回は㍃吸引器プロトタイプ2号機を制作しました^^

先ずは具材から
DSCF3600.jpg

マイクロダイアフラムポンプACアダプター 、シリコンチューブ13mm、アクリルパイプ11mm

DSCF3601.jpg

ダイアフラムポンプは、簡単に説明すると真空ポンプなので必然的に自給式に成ります。

DSCF3602.jpg

ACアダプターが付いていなかったので、12Vの1Aを使います。2Aだとポンプは動作しませんでしたし壊れるかも( ̄▽ ̄;)電気系はよく分からん。。。

DSCF3603.jpg

シリコンチューブ内径9mm外径13mm
てか1mを2本注文したのに1本べらぼーに長くね!?

大概、長目にカットしてあるので問題ないけど。。。

ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

950mm&1300mmでしたw 

しかも切り口めっさ斜めってるやん!えらいテケトーだなモノタロさん( ̄▽ ̄;)

1本目チョキン! やべ少し短け。。。( ̄▽ ̄;) 2本目は長めにチョキンこれで許せ(>人<;)って心の内が伝わって来るw

まぁ、精度はそこまで気にする物を製作する訳では無いので気にしませんが。。。突っ込みたくなる^^
ではではパーツを組み立てます。
DSCF3605.jpg

配線は仮組みでビニールテープw

DSCF3606.jpg

In&Outのチューブを繋いで。。。
中央の突起したネジは何だろ?何かの調整ポイけど?( ̄▽ ̄;)

DSCF3604.jpg

㍃吸引器プロトタイプ2号機完成^^
前作よりもスッキリしているので、キャビネット内に設置して後片付けしない方向で考えています。

早速動作確認
今回の収穫は。。。
DSCF3609.jpg

4ℓ程Sump内のデトを回収しました。

感想は毎分3ℓなので前回よりも大分パワーがあり数秒でも多くの液体が持って行かれます( ̄▽ ̄;)
まぁこれでもデト回収できますが水量を考えるとかなり大雑把な感じになってしまうかも。。。

beforeの写真撮り忘れましたが。。。afterだけでも前回のafterに比べて見るてもテケトーな感じ

afterDSCF3607.jpg

DSCF3608.jpg

まとめ
メリットは、コンパクトで設置&保管場所に困らない。前作より吸引力も強くレスポンスが良い。

デメリットは、ポンプの音がエアーコンプレッサーぽい音で少しうるさい。

改善箇所は、吸い込み&排出チューブを前作のサイズに変更と吸い込み先のノズルを少し曲げる。あとは配線にOn&Offのスイッチを割り込ます。

まだ完成設置までは至っていませんが、とりま動作確認が出来たので記事にしました。


До встречи(´∀`*)ノ
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

おはようございます!

面白そうなもの自作しましたね〜
サンプの掃除って一大イベントだったりするのでこう言った痒いところに必要なアイテムは欲しいところです。

ウチのサンプは複雑な形状をしていませんが、夢箱だと狭い隙間があったりしそうだし必須なアイテムかもですね。

ソロソロ例のアレを弄ろうと思います w
ムコタマさんコメントありがとうございます。
> おはようございます!

こんばんは^^

>
> 面白そうなもの自作しましたね〜
> サンプの掃除って一大イベントだったりするのでこう言った痒いところに必要なアイテムは欲しいところです。

欲しくても販売されていない物はDIYしかないですね。。。
デト掃除は意外にプチイベントに成りますね。。。なので手軽に水換えがてら毒抜き出来る環境にしたく製作しました。

>
> ウチのサンプは複雑な形状をしていませんが、夢箱だと狭い隙間があったりしそうだし必須なアイテムかもですね。

夢箱は外見サイズの割に内部の機材設置スペースは狭く感じます。。。デザインは最高ですが手の入らない所もありメンテは悪夢箱ですw

>
> ソロソロ例のアレを弄ろうと思います w

例のアレかなり割れ物なので無事に届いたか心配していました^^
もームコタマさんの所有物なので煮るなり焼くなりして下さいw
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。