2015年04月

              
        

ドージング用 添加剤ボトルラック設置

category - ドーシングポンプ
2015/ 04/ 19
                 
Grotech MCS1+EP5 ドージングポンプのボトル置き場を設置します^^


キャビネット内にドージング用 250mlボトル置き場を確保したいと思います。


添加剤ボトルも色々悩みましたが、KZ社ボトルが、とてもオシャレなのでキャプに穴明けして使用します。


KZ社の250mlのボトルに合うラックを発見したので紹介したいと思います。


アルミレールシェルフ。。。


zeovit アルミレールシェルフ


アルミレールシェルフを300mmを2枚買いました。


他にも450mmと600mmがあり、オーダーメイドもできるみたいです。


シェルフにKZ添加剤250mlはこんな感じ。。。


zeovit アルミシェルフ ボトル仮置き


開封後、KZ社250mlボトルを仮置きして設置位置などを考えます。

アルミシェルフの溝幅が67mmの300mmn
KZ社250mlボトルは63Фなので、ボトル5個乗せると少しだけはみ出ますが、問題ない程度だと思います。


アルミレールシェルフ設置開始。。。



zeovit アルミシェルフ取り付け1



今回も、さしがねを使って位置決めして付属のステーをネジ2本で固定します。


ボトルを5本乗せると、15mmほどはみ出すので奥側を15mm開けています。


zeovit アルミシェルフ取り付け2



ステーにレールを載せれば完成です^^


KZ社250mlボトルを乗せるとこんな感じ。。。


zeovit アルミシェルフ取り付け3

今回KZ社250mlボトルを4本しかストックしてなかったので。。。

現在のシェルフの下にもう一段取り付ければ10系統まで並べる事が可能です。


zeovit アルミシェルフ取り付け4


MCS1+EP5のコントローラーをマジックテープで設置して終了です。



Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
        

LAQUA(ラクア) B-731 カリウム測定機

category - 水質
2015/ 04/ 18
                 
Zeovit推奨のカリウム数値390ppmに安定させることができず悩んでいます。

この前まで試薬は、SALIFERT Potassium Reef Test で測定していましたが、遂に試薬切れ、いつものショップでお買い物と思いきや

Sold out ( ̄▽ ̄;)

この試薬使ったら他の物使う気しないし。。。

これに限らずSold out率高いなおいら(○´д`A)フキフキ

仕方ないので例のアレを購入することにしました^^

前々から存在は知っていましたが、高額なのでスルーでしたが、しょっちゅう水質チャックしてると直ぐに試薬もなくなるし、精度のことやら長期的に見たらお得かも(*´∀`*)自己暗示をかけますw




















ってことで買っちゃいました^^

LAQUA(ラクア) B-731 カリウム測定機

LAQUA(ラクア) B-731 カリウム測定機です^^ 

LAQUA(ラクア) B-731 開封

早速オープン 中身はこんな感じ 

では2週間ぶりにカリウム測定です^^





















ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!




















My tank カリウム測定
でました500ppm 

めっちゃオーバーやん( ̄▽ ̄;)

2週間前はSALIFERT Potassium Reef Test で340ppmだったのに今回は500ppmかい。。。

2週間前との変化点は、測定方法変更とスキマーの出力を下げてオーバースキミングをしないようにしたくらい。。。

両方いっぺんに変更したので、試薬が悪かったのか、カリウムがスキマーに持っていかれていたのか分かりませんw

この測定機は2液で校正を行っているので数値はかなり正確です。

現状500ppmなのは間違いないです(ToT)

サンゴの状態も毎日観察してますが大きな変化もなく。。。 

急激な変化ではなかったのでサンゴが水質に慣れたのかも? ( ゚д゚)ノナルホド、ワカラン!

とりま対策は、K-balanceとCoral Boosterの添加を一時停止と毎日のカリウム測定で監視したいと思います^^


でこれで終わっても面白く無いので、色々測定してみました^^ 

何回やっても減るもんは電池と気力くらいw

では早速行きたいと思います。

埼玉の水道水 測定

埼玉県の水道水 24ppm 含まれていました^^

RO水 測定

マーフィードで濾過したRO水 0ppm 流石ですね^^

Kz Salt カリウム 測定

Kz社 Salt 540ppm 比重1.025 水換えするとまた上がってしまうやん( ̄▽ ̄;)

K-Balance Strong 測定

K-Balance Strong 9900ppm 振り切って測定終わらずw 当たり前か((´∀`*))ヶラヶラ

B-balance 測定

B-balance 8ppm カリウムは含まれてないのと同じですね^^

Xtra 測定

Xtra 22ppm 問題ない程度ですね^^

Xtra Special 測定

Xtra Special 40ppm Xtraの倍ですね^^

Magnesium Komplex 測定

Magnesium Komplex  84ppm マグネシウムだけじゃないみたいですね^^

Strontium Koncentrate 測定

Strontium Koncentrate 4ppm ほぼゼロですね^^

Coral Booster 測定

Coral Booster 9900ppmこれも測定が終わらず振り切りました^^

ZEOspur2 測定

ZEOspur2 5700ppmなんとか測定できたw かなり高濃度でINカリウムです^^



Zeovit添加剤の微量添加の物と沈殿物の多い物は、今回測定しませんでした^^ 

Coral Snow とか ZeoLife に Zeozym とかも見たかったのですが、センサーの溝に詰まりそうなのでやめました(´。・д人)

Coral BoosterとZEOspur2は意外でしたヾ(

かなり高濃度にカリウムが含まれているようなので添加されている方は注意したほうがいいかもです^^ 

ご利用は計画的にw

その他
ESV B-Ionic Alkalinty #1 測定

ESV B-Ionic Alkalinty #1 40ppm 愛用のPH上昇&維持添加剤

ESV B-Ionic Calcium #2 測定

ESV B-Ionic Calcium #2 9900ppm オイラがカルシウムリアクター代わりに使ってる添加剤

何かの参考になればと思います。

そろそろオイラの気力が切れてきたので終わりにします^^ 
                         
                                  
        

Zeovit ハーフベアタンク 

category - メンテナンス
2015/ 04/ 14
                 
悲しいお知らせがあります(TAT)ヽ(-u-`) 凹むな

Y&Iバンド ニシキヤッコ星になしました(゜´Д`゜)

前日の夜まで餌を強請るほど元気だったのに、朝起きたら昏睡状態で、そのまま.+*:゚+。.☆になりました(´-д-`)

おととがお亡くなりになると、めっちゃへこむ。。。 

なのでしばらく、おととは買うのは我慢して水槽内の環境改善に励みたいと思います。

で今回気になったのがメインタンクの細かい浮遊物です。 

この浮遊物がソックスフィルターを使っているにも関わらず一向に綺麗にならない。。。

マイクロバブル?ホコリ?何か粉ぽい? メインタンクに溜まった細かいデトが舞ってるのでは?

そろそろ立ち上げて1年くらいになるし。。。 相当デトも溜まっているぽい( ̄▽ ̄;)

で考えた末、Zeovitなら水質、照明、波さえちゃんと管理してれば、トラブリーな底砂なんていらなくねー?

ベアタンクと言いたいところですが。。。ハーフベアタンクにすることにしました^^


現在KZ社のAragoniteが1袋分入っています^^ 

これを1/3程度残して後はプロホースで撤去していきたいと思います^^

で撤去前がこれ
Zeovit ニシキヤッコ

底砂はおよそ2~3cm敷いてました。 因みに生前最後のニシキ写真です・゜・(ノД`)・゜・

撤去後
Zeovit ハーフベアタンク

底砂だけ比べてくださいw サンゴはメンテ中崩れまくったので気にしないでください( ̄▽ ̄;) 

裏側とライブロックの下はベアタンクで前側だけ少し残してる程度です^^

WMP8000ウエブポンプを思いっきりしたに下げ、底砂が後ろに行かないようにしています^^

できる限りメインタンクにデトを溜めない環境にしてみました^^

見た目的には好みがあるかもしれませんが( ̄▽ ̄;) 

水質安定とか今後のメンテのことを考えた末の結果です( ̄▽ ̄;)

で毒抜後は浮遊物が、ほとんどない感じで、めっちゃクリアな感じになりテンソン少し上がりました^^

今後様子を見て、ハーフベアタンクから完全なベアタンクになるかもしれませんがw 

底が見えないベアタンクとかも考えています^^

その時はまたお知らせします^^
                         
                                  
        

フィジートゲサンゴ ピンク 色揚げ

category - 珊瑚
2015/ 04/ 07
                 
今年1月にイーストアフリカさんとこで、購入した激安フィジートゲサンゴがZeovitでよさげになってきたのでアップします^^

購入時1月17日がこれ
トゲサンゴ

3月21日の写真がこれ
イーストアフリカ フィジートゲ

あまり大きくはなっていませんが、枝が太くなりZeovitらしくなってきました^^ 

ここまでくれば、アクアてんそん上がりますね^^

やっぱり出身地が違うと、違うな( ̄▽ ̄;)

どのサンゴでもZeovitなら綺麗になると思ってたけどそうでもないのよ( ̄▽ ̄;)
                         
                                  
        

Grotech MCS1+EP5 ドージング用 ラック製作

category - ドーシングポンプ
2015/ 04/ 07
                 
Grotech MCS1+EP5 ドージングポンプ設置ラック製作

Grotech MCS1+EP5購入後、設置せずに暫くほーちしていました。

何故なら設置場所が無く、悩んで居たからです( ̄▽ ̄;)
性格的に凝り性なので、色々考えてしまいます。。。

最終的には、キャビネット内に収める事に決めましたがまた変更とかするかもしれません。。。





ホームセンターでお買い物。。。

Grotech MCS1+EP5 棚制作


  1. 900×200×9の白い化粧板
  2. 補強ステー×2
  3. さしがね
  4. 4.2mmドリル
  5. ドリルセット


ホームセンターに行くと必ず余計な物まで買ってしまうのは何故でしょうね。。。



さしがねは、水平&直角を出すのにとても便利な工具です。

今回ドリルセット&補強ステーは要らなかったかも。。。( ̄▽ ̄;)








ラック製作。。。

Grotech MCS1+EP5 ラック加工3

長めのボルト3本打って。。。

Grotech MCS1+EP5 棚完成


化粧板を差し込んで完成w

作業工程写真なしです(´。・д人)

簡単に説明すると、
化粧板を適度にカットした後、ボルト受け用の溝1ヶ所掘り、化粧板の横に4.2mmの穴を2ヶ所空けて完成
キャビネット側は、内側から長めのボルト3本を出っ張るように打って、化粧板の穴部分をボルトに2本側に刺して残りの1本は、化粧板の溝に載せている感じです。

結局補強ステーは、見た目的によろしくなかったので使わなかったです。

補強ステーを使用しなかったので、スッキリした感じでデザインもキャビネットに同化しました。


Grotech MCS1+EP5 設置。。。


Grotech MCS1+EP5 設置


増築も考え2台置けるようにスペースを確保しました。





次回は、添加剤のボトル置き場を製作しょうと思います。


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
        

Zeovit カリウム K-balance の行方

category - Zeovit System
2015/ 04/ 04
                 
Zeovitマニュアルのスキマー部分を見ていたら、気になる部分があったのでアップします。

前々から過剰添加していたにも関わらずカリウムK-balanceが、なぜか行方不明になり悩んでいました。が遂に犯人と思われる万引き機材が判明しました(≧∇≦)/

スキマーマニュアル部分がこれ
As mentioned earlier, the basis of this method relies on export of harmful substances
through skimming. Continuous use and frequent cleaning should be conducted in order
to keep the skimmer performing at its maximum level. The results are better when the
skimmer is adjusted in order not to produce too much concentrated skimmate (wet
skimming). We would like to point out that it is our thought that needle wheels may
precipitate certain elements and destroy plankton. These elements, e.g. such as
potassium, will need to be re-added to the system. Do not use a skimmer that is too
oversized or employ wet skimming if you use a needle wheel skimmer. We recommend
the use of venturi type skimmers.

ピンクの部分を、てけとーに翻訳するとw

強力なスキマーでオーバースキミングするなよカリウムが無くなってもしらねーぞ (||゚∀゚)/ ヒャーッハハハ!! 

ゼオライトが吸収してると思っていたカリウムはスキマーが吸収していたのです^^
でも不思議なことにスキマーで取れた液体をカリウム試薬でチャックしても検出されないし。。。 謎だ( ̄▽ ̄;)

で犯人のスキマー万引き犯の対策をしなければなりません。

因みに現在使用してるスキマーがRLSS R6-i 対応水量 700リットル

明らかにうちのタンクにはオーバースペックです( ̄▽ ̄;) 

幸いDCポンプなので調整できるのでパワーヽ(`-ω-´)ノパワーダウンさせたいと思います^^

12段階中、6で使用してましたが、様子見で4まで下げて、カリウムの減りを監視したいと思います^^

rlss R-6i 調整
あらら(/□≦、) 活性炭みえちゃった^^

KZ社は水量10㌧のタンクをたった一個のスキマーで回してるし( ̄▽ ̄;)


スキマーは大きい方が偉いと思っていましたが^^ Zeovitシステムだとそこまで強力なスキマーはいらないのかなって思いました^^ ととが沢山いるタンクだとまた環境が違うので分かりませんがオイラのタンクにはハングオンでもいいのかも