生体

              
        

謎のカイメンが増殖してきた

category - 珊瑚
2017/ 04/ 16
                 
フィジー珊瑚やらかしました。。。

以前、ライブロックからの海藻類の増殖に悩まされていましたが、エメラルドグリーンクラブ訳して、エメクラを二匹入れる事で海藻類が蔓延るのを抑えることが出来、ウニでは入り込めない所やヒレジャコ貝の殻から生えた海藻なども毟り取ってくれるのでとても重宝しています。
お陰で海藻類のメンテナンスフリーで海藻レスです。
エメクラは、珊瑚の隙間に入り込み休憩しますが悪さする感じも無いので入海させて正解でした^^

まぁ今回エメクラはどーでもいいやw
海藻類の悩みを解消したら、次はカイメン?増殖に悩まされています。
まだ生体の特定出来ず検索中でモヤモヤしてる感じです( ̄▽ ̄;)

カイメンが生息する環境は良いみたいで海水を濾過して有機物吸収してくれますが、、、
見た目の悪化 & 被害者が出ればやっぱり除去対象ですね。。。


被害者はフィジー珊瑚。。。( ̄▽ ̄;)
DSCF3767.jpg

生前はこんなに綺麗だったのに。。。




フィジー珊瑚撤去。。。
S0033962.jpg

上から見たら、下からの白化でアミノ酸不足ぽいですが。。。

S0023961.jpg
裏側はこんな感じで、覆われてます。

添加剤の過剰添加の影響も有るかもしれないので、毎日添加しているZeovitのポタポタ系を1日置きに減らして様子見してみます。

最初は、何かのバクテリアフィルムだと思っていましたが、触って見ると意外と弾力がありネチョネチョした感じではないのでよく見ると。。。



海綿系。。。?





ライブロックの裏側を見ると。。。(グロ)
DSCF3963.jpg
噴火口見たいな穴が沢山あり、エイリアンの巣みたいな感じ( ̄▽ ̄;)
前々から存在は確認できていましたが、裏側だし。。。いっかw
でももぉ限界!

噴火口+洞窟状+光が当たらない所に蔓延る+水流がある所+派手なオレンジ=海綿?

この様は計算式になり答えは、海綿ぽいです。

ただ海綿と言っても種類はとても多く日本だけでも1000種以上存在するようで、名前の特定も困難、似たような事例も無く。。。

間違いなく販売されている綺麗なカイメンではないですね( ̄▽ ̄;)

成長も珊瑚より断然速いので、ほーちすると影部分は海綿パラダイスに成りそうです。


事件現場。。。
DSCF3964.jpg

魔の手は、音も無く背後から忍び寄って来ました。。。

元気な珊瑚なら大丈夫だと思い込み、律儀にフィジー珊瑚vsカイメンを観ていましたが、覆いかぶさり一気に調子を落としてしまったので。。。手の施しようがなく諦めモード限界まで観戦?観察することにした感じです。

カイメン形成予兆、初期は透明な洞窟?ゴカイの巣?血管見たいな物が形成され、徐々にオレンジになりここまで蔓延ってきた感じです。
過去にもこの症状は確認出来ましたが暫くすると消えてしまったので、さほど気にはしていませんでしたが今回は酷いのでブログに残すことにしました。

エメクラは海綿を食べないので、捕食者を探さなければ成りませんね。。。
ウミウシが海綿を食べる事は有名ですが、海綿の種類も関係するようで何でも食するとは限らない様です。
実際に入海させて観察しないと分からない感じですね
ウミウシ片っ端から入れるわけにも行かず。。。どぉしたものか( ̄▽ ̄;)

事件現場に蔓延った海綿は珊瑚を撤去後、強い光に晒さてるた部分は数日で跡形もなく消滅してしまったので、光には滅法弱いみたいです。

海綿の生体を色々調べている感じです。
そんな中モヤモヤが一つ解消したので紹介します。

ケツボカイメン。。。(毛壺海綿)
sycon-ciliatum.jpg
よくSumpや配管内で見かけるコレも海綿らしいです。

めっさスッキリしたw

こんな感じで彩の海は色々悩まされています。
最悪は、崩壊の危機まで追い込まれたらライブロックを取り出しタワシでゴシゴシかも( ̄▽ ̄;)
未解決記事ですみません。。。


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)
                         
                                  
        

沖縄カクレクマノミのペアーを入海

category - 海水魚
2017/ 03/ 31
                 
Zeovit systemに、ハタゴイソギンチャクを入海させて一週間ほど、様子見した結果ハタゴが、しょぼくれなかったので予定通り、Meda in 沖縄カクレクマノミを入海させる事にしました^^

当初、ハタゴのサイズ&負担を考慮して1匹だけの予定でしたが。。。
小さなペアーを見てしまい。。。衝動買い( ̄▽ ̄;)
無事に餌付けも問題なく行ったので紹介したいと思います。

DSCF3922.jpg

サイズ的には、5cm & 3cm位で美女&美男ですw

水合わ&餌付け

S0023917.jpg

水合わせ中、ダメもとでメガバイトSを少し与えてみました。
ワイルドだから、難しいと思っていましたが。。。
小さい方が警戒心が、まだ無いみたいで即食いしてくれました。それにつられて大きな方も食べてくれた感じです。

小さなペアーだったので、餌付けは難無くクリアーしました^^
大きめワイルド1匹だけだったら、やらかしていたかもしれませんね。。。


カクレクマノミ入海

DSCF3919.jpg

え!?



ハタゴの下かよ! ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!




入海後迷わず、ハタゴに向かいましたが警戒して下にもぐり込みました。。。


レディーファースト。。。?

DSCF3926.jpg

その後、大きな方がハタゴの隙間から外を警戒しながら、徐々にハタゴの表側に出て来てにくれました。

DSCF3923.jpg

ハタゴベットの取合いも無く、2匹とも仲良くモフモフしています。

DSCF3944.jpg

猫が体を擦り付ける様な仕草で、とてもカワイイですね

DSCF3928.jpg

昼も夜も2匹ともハタゴベットから出て来ません。。。
タンク右側で泳いでるのを見た事ない。。。ひきこもり( ̄▽ ̄;)

DSCF3935.jpg

ハタゴの触手は色落ちしてしまいましたが増毛中?
餌を与えてから長くなって来ました。

光量が不足?
ハタゴの色揚げをチャレンジしたい所ではありますが。。。
地雷が移動されても困るので、ほーち( ̄▽ ̄;)
ハタゴ&クマノミが元気なら、おkです。

DSCF3936.jpg

フロー管の角で、見栄え的にはよろしくないですが。。。( ̄▽ ̄;)
ハタゴ&クマノミの観察する上では最適だと感じました。
ハタゴの口や足&クマノミを至近距離で観る事が出来ます^^


ハタゴお食事中。。。(グロ)

DSCF3947.jpg

餌を口に持って行くと言うよりは、口付近に来たら内蔵が餌を取りに行く感じですねw


ハタゴの餌

S0013945.jpg

餌は贅沢に、スーパーで売られている冷凍剥きエビを与えています。
小さなサイズが無かったのでカットしています。

ハタゴ飼育は初めてなので実際何が良い餌だか分かりませんが。。。
クマノミが突っつくのでバラけない系、イカorタコorエビor切身などがいいかも?



ハタゴ&クマノミは今の所安定しているので、後は成長&維持を見守って行こうと思います。



これで、ハタゴ&クマノミ記事は一旦終了
またネタが浮上してきたらアップします。


次回のネタは、A〇〇xのFM〇にしようかな。。。?


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
        

Zeovit systemのハタゴイソギンチャク

category - 生体
2017/ 03/ 25
                 
初スパスラータも入海させ気にはなる所ですが、、、それ以上にハタゴイソギンチャクの動きが気になり、、、スパほーちですw

どっちにしても、スパスラータを含め珊瑚の未来は、ハタゴイソギンチャクの状態次第と言っても過言ではないので。。。

現在は、ハタゴ最優先に監視&観察しています( ̄▽ ̄;)

今の所、Zeovit systemでもハタゴは、何とかしょぼくれずに居ます。
130ℓ位のタンクにZeoliteは150gとマニュアルよりも大分少ないですが、ハタゴは生きてます。
Zeoliteを増やしたら、どーなるか分からないけど。。。

DSCF3904.jpg

一週間ほど観察した状態は?
照明点灯時&照明消灯時の膨張&収縮するのは理解しましたが、、、日に寄って消灯時の収縮具合が大分バラつく、、、何か不安を感じますね( ̄▽ ̄;)

生体にとって不規則ってことは、何かが良くない何らかの前兆だと思います。。。


大きな変化!
21日に消灯後15cm程ビックリするぐらい収縮、翌日の点灯時もあまり膨張しませんでした。

お口が少し開き気味で体調悪そう。。。

見た感じ明らかにエネルギー不足な感じ。。。

ハタゴも生き物ですね。。。
やっぱり何か食べないと維持できないかw

とりま冷凍のエビを解凍後少し与えました。
その後徐々に膨張率が上がり初期段階の状態まで復活しました。

光合成だけで飼育を考えていましたが、餌さ与えないと現在の環境かでは維持出来ないご様子( ̄▽ ̄;)

ただ、毎日餌を与える必要はないです。
観察している感じだと、週に1回だとハタゴも辛そうなリアクション、、、ベストコンディションを保つといった意味では、週2回は必要かなって気がします。
餌の種類や餌の量でも変わるとは思いますが、週に小さ目の餌さ2回がベストだと感じました。


ハタゴ入海後、水質の変化は?
最近、試薬とかで水質に振り回されるのがやなので、全然チェックしてないので分かりませんw

とりまスキマーの汚水が2倍になったかも、結構汚してくれてると思います( ̄▽ ̄;)
S0013905.jpg
ネック部分でペースト状の汚れを取る様に調整しているので汚水は少ない?
ハタゴ入海後1週間分です。入れる前は2週間でこんな感じでした。

水換え前のORPは350ppm前後有るので、ハタゴが居てもSPSと共生出来るかも?


今後餌付けで、何処まで大きく成長してやらかして下さるか分かりませんが。。。
行ける所まで入海させてたいと思います。


Zeovit環境でもハタゴを維持出来そうなので、Made in 沖縄のクマノミを入海させて行きます。

やっと念願が叶いそうです^^


あーその前に餌付けか~( ̄▽ ̄;)


ПокаПока(ヾ(´・ω・`)
                         
                                  
        

ブルーのハタゴイソギンチャクを入海&観察中

category - 生体
2017/ 03/ 16
                 
2013年マリンアクアを始めるきっかけは、あの有名な映画の影響からです。

イソギンチャクと共生するカクレクマノミを飼育したい!
そして30×30×45で海水魚を立ち上ました。

マリンアクアに興味を持ったおいらが勉強&検索などで、ミドリイシの存在に到達するのは必然的で、、、
その後、ディープな世界に落ちる事になったのは言うまでもありません、
マリンアクアの知識が増える事で、いつの間には目標も変わっていました。。。

マリンアクア独特の珍しい機材、プロテインスキマー&オーバーフロー&リアクター類にも興味を惹かれ、初期に買った生体が、見事に脱線してイソギンチャクではなく、、、


ミドリイシ ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!


そんな感じで、現在に至って来たので、、、心のどこかでは当時の思いが果たせていないモヤモヤが残っています。

そして少し倦怠期に入った現在、念願を実現させる事に、、、
イソギンチャクを、お迎えする上で色々悩み、勉強&検索し実行する事にしました。

SPS Zeovit systemに、禁断のハタゴイソギンチャク入海で、2つの念願を同時に叶える欲張り?無謀?アホ?な結論に到達致しました^^

Zeovit systemに、ハタゴイソギンチャク情報が少なく、、、と言うか無いです。
一番の問題は、zeoliteとの相性、水質です。
低栄養塩すぎるとハタゴに、悪影響が及ぶ可能性がある事
とまー色々疑問?愚問?が浮上してきますが、考えても答えが出てこないので実際に入海させる事にしました。

ブルーのハタゴイソギンチャク落札
DSCF3841.jpg

サイズは、15cm位らしいですが、、、カラーはブルー
照明の影響も考えてブルーを探していました。

到着後水合わせしたのですが、、、
ヒヤヒヤもんででした。
何せ水合わせ中、やたら肥大し始め口が開いて、内蔵らしき物が出て来るわで、、、( ̄▽ ̄;)


ハタゴイソギンチャク入海
DSCF3884.jpg

入海後、内蔵は引っ込み口は閉じ始めました。
ハタゴイソギンチャクの習性など、勉強したので成長&移動の事を考え見栄え的に宜しくないですが、、、珊瑚から一番離れたフロー管の角に入海させました。

体がすっぽり入り流れがある所、色々考慮して入海させたので、逆に動き出したら他の珊瑚達が危険にさらされます、、、( ̄▽ ̄;)

とりま定着したので、照明&水流ポンプの位置変更でも動き出す恐れがあるので弄れない。。。

念願を叶える為と大胆にやってみましたが、、、えらいトラブリーな生体を入海させてしまった( ̄▽ ̄;)
ベテランは、こんな事しませんね。。。

モゾモゾ動いてる
DSCF3890.jpg

入海2日目、zeolite&水質の影響は問題なさそうです。
暫く様子見して、カクレクマノミを1匹入海させる予定です。

フラワーコーラルのフラグを退かすか悩み観察していた所、、、
ハタゴの触手がフラワーのポリプに触れるとお互い縮こまるので微妙な距離感を保っています。



入海3日目、状態良好、試しにフラワーコーラルを移動させると。。。

ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

御札が外れ封印が解けた途端 
DSCF3892.jpg

足は移動してないものの、身をこちらに傾けたご様子です。

てか大きくなってるような気がするが。。。膨張全開?
最小から5倍程大きく変化すると学びましたが、実際目の当たりにすると戸惑
次はスターポリプに危機が迫っているかも( ̄▽ ̄;)

DSCF3902.jpg

膨張&収縮を繰り返しており、常に形は変化します。

DSCF3896.jpg

お口?肛門?は、蛍光イエローでしっかり閉じています。

そして定着した場所が場所なだけあって、、、裏側も観察出来ちゃいます^^

DSCF3901.jpg

照明が点いている時は、膨張で25cm~30cmはあるかも、、、話が違うやん( ̄▽ ̄;)
膨張すればする程、ブルーは薄くなる様です。

DSCF3894.jpg

ハタゴの根元の部分、足の裏側まで観察出来ますw
入海から位置は変わらず、水槽角に定着しています。
足元をマグネットクリーナーで突っついても微動だにしません、、、( ̄▽ ̄;)

DSCF3897.jpg

裏側をアップ、パープルの点々が無数に有ります。

DSCF3900.jpg

パープルの点々部分は、粘着性がある様で所々ガラスに吸着させ身を固定させている様です。

DSCF3898.jpg

触手部分、まるでモップ
モフモフだから癒されます^^
素手で触ったみたく成りますが、刺胞毒が有るので触れる勇気はないです。

DSCF3899.jpg

触手は珊瑚のポリプとは違い、ウニの針みたいに常に自ら、うねうね動き、生き物だと彷彿させてくれます。

裏側&口は、結構キモイですが、こーやって近くで観察すると、とても綺麗な生き物ですね
カクレクマノミを入海させれば、また違った行動&仕草が観察できると思います。

今後どの様な行動をするか、要チェック個体です。
入海前後、ハタゴがすごく心配でしたが、現在は甲殻類&珊瑚が心配かも。。。

今の所、状態は良好なので様子見し、悪さするようだったら30×30×30のアクリル水槽が余っているので連結で隔離も考えています。

ではまた何か、やらかしたらアップします。


ПокаПока(ヾ(´・ω・`)
                         
                                  
        

パープルスパスラータを買いました。

category - 珊瑚
2017/ 03/ 12
                 
激安ショップ、アクアギフトさんのべっぴん珊瑚祭りに参加しました。

今回、運良く徘徊中にサイトにアップされ始め選び放題でしたw

しかもアップ後、数十分内に美個体は次々売り切れに、、、
おいらが個体選びを迷っている間売り切れになる状態でした( ̄▽ ̄;)

今回の教訓は直感的に綺麗だと感じたら即レジに持っていかないと買いそびれますね、、、

最近は苺様ばかりですが、、、
激戦区の中、戦利品はパープルスパスラータをGetすることが出来ました^^

DSCF3881.jpg

ドーム型の、美個体も目を付けていたのですが、、、
お値段&カラーで迷っている最中sold out( ̄▽ ̄;)
必然的にこの個体に、、、
ブリードサイズで数ヶ所折れ跡&ヘンテコ形状だったので、諭吉以下の価格で販売されていました。
おいらのタンクはNanoなのでこれで充分です^^

DSCF3878.jpg

少しパステルチックなので、回復&様子見で底に置いてます。

DSCF3880.jpg

スパスラータの特徴、鱗形状です。
カラーはパープルで表面にシアンが薄ら乗ってる感じ
おいらのデジカメor技量では無理なので( ̄▽ ̄;)

要するにこんな感じですw
122.jpg
アクアギフトさん写真お借りします(´。・д人)

照明の具合?カメラの具合?で違う個体に見えますね。。。

初スパスラータなので、維持&成長させる事ができるか分かりませんが、、、
ハイマツのポリプが毛むくじゃらだからと安易な考えでのチャレンジです。

現在タンク内充実させるため生体収集に力を入れています^^

まだ届いてませんが、、、
ヤフオクにて良さげな個体も落札したので入海後、紹介したいと思います。
Zeovit system & SPSタンクでは邪道?無謀?無理?な個体です。
多分恐らく絶対に、失敗するかも。。。崩壊したら笑ってください( ̄▽ ̄;)

2013年海水魚立ち上げ当初の夢を叶えて逝きますw


ПокаПока(ヾ(´・ω・`)