生体

              
        

バフィーの撤去&ナンヨンハギ

category - 海水魚
2017/ 06/ 10
                 
今までベアタンクにしたりしなかったりで、底砂を出したり入れたりでいい加減どっちかにしろよ!
っと思った方も居ると思います。


それには、理由&悩みがあったからです( ̄▽ ̄;)

底砂を入れ暫くすると大抵こぉなる。。。
DSCF4052.jpg
藻類モフモフで光合成で酸素生産され底砂からプクプク出てくるw

Zeovitなのでリン酸塩はあまり気にしていませんが、念のため測定。。。
結果はほぼ0

モフモフになる原因が分からないから、やになり底砂を全撤去でベアタンクのパターンです。


で今回は敢えて撤去せずにSumpを疑ってみました。
疑わしいのは、バイコムのBafi 2本&バクテリア定着用にスポンジ1枚

硝酸塩&亜硝酸塩の測定もすれば直ぐに分かるのかもしれませんがZeovit systemだから必要ないと測定試薬もなく。。。
硝酸塩&亜硝酸塩が出てもスキマーが取り除いてくれると安易に考えていましたが原因が分からない今となっては思いついた物は全て疑って実行するしかない状態です。

とりま
バイコムのBafi 2本&バクテリア定着用のスポンジ1枚撤去( ̄▽ ̄;)
DSCF3633.jpg

2週間程様子見してみたところ結構変化が出てきたので比較してみたいと思います。

before
DSCF4052.jpg
after
DSCF4055.jpg
やはりZeovit systemにスポンジ系を入れるのは厳禁かもしれません。。。
少し銭無いよシステムを取り入れたかったのですがうまく行きませんでした( ̄▽ ̄;)

Zeovit systemのマニュアルを守れ!つー話なのですが。。。
マニュアルで縛られると線路を走ってる感じで面白くない。。。途中から飛行機に乗りたくなるw
まぁ実際は墜落してるんですけどね。。。

でもこれで身を持って実感出来たのでよしとします^^


続いてナンヨンハギ
先程藻類が減り喜んではいますが、少し心配なことも起きています( ̄▽ ̄;)

それは藻類がナンヨンハギの主食になっているからです。
簡単に言うと餌付け失敗( ̄▽ ̄;)

DSCF4056.jpg
写真では分かりづらいですが。。。


お腹がボコボコ!?


ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!


DSCF4053.jpg

これ全てナンヨンハギのご飯です。

底砂ごと食ってますwww
ナンヨンハギは個性的とお聞きしましたが変態かも( ̄▽ ̄;)
今の所元気で泳ぎ回っており石も排出しているので様子見状態です。

ナンヨンハギの事を考えると藻類が無くなった方がよいのか悪いのか悩みどころですね。。。


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
        

ナンヨンハギvsブラックバンデッドエンゼル

category - 海水魚
2017/ 05/ 28
                 
カクレクマノミ&ハタゴイソギンチャクを入海後、ナンヨンハギを探していたのですが中々大きめサイズの生体に出会えず。。。

小さな5~6cmサイズのナンヨハギは結構販売されているのを見掛けますが、10cm位のサイズは少ないですね

そんな中アクアギフトさんとこで10cm位のナンヨンハギが販売されたので即ポチしませんでしたw
ナンヨンハギを買うつもりでしたが、ある生体が出現、激安だったのでそっちをポチるかかなり悩みました。

その生体はブラックバンデッドエンゼル!
価格は59800円と50offの破格。。。
これはかなり悩みましたね( ̄▽ ̄;)






でgetしたのは。。。
S0014050.jpg

衝動買いをせずに予定どうりナンヨンハギをget^^

寝ぼけていた時間帯だったけど冷静に判断出来ましたw

購入しなかった理由
  1. 餌付けに失敗したらマリンアクアテンション暴落
  2. 探し続けていたサイズのナンヨンハギが居た事
  3. ボーボーのハイマツが丸坊主になりそうだから
  4. 出費も10倍以上

あの価格はやばかったけど。。。今はもぅSold out。。。過ぎた事は忘れましょう^^

前はナンヨンハギには余り興味が無く、名前もチャイナっぽい
オイラ的にはそんな印象でしたが最近、クマノミを入海後やたらナンヨンハギを入海させたくなりました。
やっぱり映画の影響が大きいのかもしれません

getしたナンヨンハギのサイズは11cmとオイラのタンクではやや大きめです。
サイズ拘っていたのはハタゴイソギンチャクが入海してるので、小さいと餌食になってしまうので大きめを探していました。

DSCF4054.jpg

濃いブルー at 鮮やかなイエロー^^
人気のお魚はやっぱり綺麗ですねドリーにそっくりだw

DSCF4051.jpg

イメージは、マーリン & ニモ & ドリーです。



続いて現在の悩みはカイメンに続き。。。
DSCF4052.jpg

豊富な緑地。。。。です( ̄▽ ̄;)

底砂を敷いて暫くすると、この有様。。。原因が分からず悩みどころです。
バクテリア不足?ウミミズムシ&ヨコエビはウジャウジャいるけど?
もぅ半分底砂リフジ入ってるやけんども。。。
離陸する砂もチラホラ

せっかくべっぴんサンド99敷いたのに。。。やらかしました。
ミニミニさんごめんなさい(´。・д人)
PHは常に8以上を維持してくれるのでいいかも

珊瑚&お魚の環境的にはどぅなの分かりませんが。。。
見た目的には確実にマイナスでね( ̄▽ ̄;)


S0194047.jpg

んーキリル文字に見えるのはオイラだけ。。。りィェーフ?


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
        

謎のカイメンが増殖してきた

category - 珊瑚
2017/ 04/ 16
                 
フィジー珊瑚やらかしました。。。

以前、ライブロックからの海藻類の増殖に悩まされていましたが、エメラルドグリーンクラブ訳して、エメクラを二匹入れる事で海藻類が蔓延るのを抑えることが出来、ウニでは入り込めない所やヒレジャコ貝の殻から生えた海藻なども毟り取ってくれるのでとても重宝しています。
お陰で海藻類のメンテナンスフリーで海藻レスです。
エメクラは、珊瑚の隙間に入り込み休憩しますが悪さする感じも無いので入海させて正解でした^^

まぁ今回エメクラはどーでもいいやw
海藻類の悩みを解消したら、次はカイメン?増殖に悩まされています。
まだ生体の特定出来ず検索中でモヤモヤしてる感じです( ̄▽ ̄;)

カイメンが生息する環境は良いみたいで海水を濾過して有機物吸収してくれますが、、、
見た目の悪化 & 被害者が出ればやっぱり除去対象ですね。。。


被害者はフィジー珊瑚。。。( ̄▽ ̄;)
DSCF3767.jpg

生前はこんなに綺麗だったのに。。。




フィジー珊瑚撤去。。。
S0033962.jpg

上から見たら、下からの白化でアミノ酸不足ぽいですが。。。

S0023961.jpg
裏側はこんな感じで、覆われてます。

添加剤の過剰添加の影響も有るかもしれないので、毎日添加しているZeovitのポタポタ系を1日置きに減らして様子見してみます。

最初は、何かのバクテリアフィルムだと思っていましたが、触って見ると意外と弾力がありネチョネチョした感じではないのでよく見ると。。。



海綿系。。。?





ライブロックの裏側を見ると。。。(グロ)
DSCF3963.jpg
噴火口見たいな穴が沢山あり、エイリアンの巣みたいな感じ( ̄▽ ̄;)
前々から存在は確認できていましたが、裏側だし。。。いっかw
でももぉ限界!

噴火口+洞窟状+光が当たらない所に蔓延る+水流がある所+派手なオレンジ=海綿?

この様は計算式になり答えは、海綿ぽいです。

ただ海綿と言っても種類はとても多く日本だけでも1000種以上存在するようで、名前の特定も困難、似たような事例も無く。。。

間違いなく販売されている綺麗なカイメンではないですね( ̄▽ ̄;)

成長も珊瑚より断然速いので、ほーちすると影部分は海綿パラダイスに成りそうです。


事件現場。。。
DSCF3964.jpg

魔の手は、音も無く背後から忍び寄って来ました。。。

元気な珊瑚なら大丈夫だと思い込み、律儀にフィジー珊瑚vsカイメンを観ていましたが、覆いかぶさり一気に調子を落としてしまったので。。。手の施しようがなく諦めモード限界まで観戦?観察することにした感じです。

カイメン形成予兆、初期は透明な洞窟?ゴカイの巣?血管見たいな物が形成され、徐々にオレンジになりここまで蔓延ってきた感じです。
過去にもこの症状は確認出来ましたが暫くすると消えてしまったので、さほど気にはしていませんでしたが今回は酷いのでブログに残すことにしました。

エメクラは海綿を食べないので、捕食者を探さなければ成りませんね。。。
ウミウシが海綿を食べる事は有名ですが、海綿の種類も関係するようで何でも食するとは限らない様です。
実際に入海させて観察しないと分からない感じですね
ウミウシ片っ端から入れるわけにも行かず。。。どぉしたものか( ̄▽ ̄;)

事件現場に蔓延った海綿は珊瑚を撤去後、強い光に晒さてるた部分は数日で跡形もなく消滅してしまったので、光には滅法弱いみたいです。

海綿の生体を色々調べている感じです。
そんな中モヤモヤが一つ解消したので紹介します。

ケツボカイメン。。。(毛壺海綿)
sycon-ciliatum.jpg
よくSumpや配管内で見かけるコレも海綿らしいです。

めっさスッキリしたw

こんな感じで彩の海は色々悩まされています。
最悪は、崩壊の危機まで追い込まれたらライブロックを取り出しタワシでゴシゴシかも( ̄▽ ̄;)
未解決記事ですみません。。。


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)
                         
                                  
        

沖縄カクレクマノミのペアーを入海

category - 海水魚
2017/ 03/ 31
                 
Zeovit systemに、ハタゴイソギンチャクを入海させて一週間ほど、様子見した結果ハタゴが、しょぼくれなかったので予定通り、Meda in 沖縄カクレクマノミを入海させる事にしました^^

当初、ハタゴのサイズ&負担を考慮して1匹だけの予定でしたが。。。
小さなペアーを見てしまい。。。衝動買い( ̄▽ ̄;)
無事に餌付けも問題なく行ったので紹介したいと思います。

DSCF3922.jpg

サイズ的には、5cm & 3cm位で美女&美男ですw

水合わ&餌付け

S0023917.jpg

水合わせ中、ダメもとでメガバイトSを少し与えてみました。
ワイルドだから、難しいと思っていましたが。。。
小さい方が警戒心が、まだ無いみたいで即食いしてくれました。それにつられて大きな方も食べてくれた感じです。

小さなペアーだったので、餌付けは難無くクリアーしました^^
大きめワイルド1匹だけだったら、やらかしていたかもしれませんね。。。


カクレクマノミ入海

DSCF3919.jpg

え!?



ハタゴの下かよ! ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!




入海後迷わず、ハタゴに向かいましたが警戒して下にもぐり込みました。。。


レディーファースト。。。?

DSCF3926.jpg

その後、大きな方がハタゴの隙間から外を警戒しながら、徐々にハタゴの表側に出て来てにくれました。

DSCF3923.jpg

ハタゴベットの取合いも無く、2匹とも仲良くモフモフしています。

DSCF3944.jpg

猫が体を擦り付ける様な仕草で、とてもカワイイですね

DSCF3928.jpg

昼も夜も2匹ともハタゴベットから出て来ません。。。
タンク右側で泳いでるのを見た事ない。。。ひきこもり( ̄▽ ̄;)

DSCF3935.jpg

ハタゴの触手は色落ちしてしまいましたが増毛中?
餌を与えてから長くなって来ました。

光量が不足?
ハタゴの色揚げをチャレンジしたい所ではありますが。。。
地雷が移動されても困るので、ほーち( ̄▽ ̄;)
ハタゴ&クマノミが元気なら、おkです。

DSCF3936.jpg

フロー管の角で、見栄え的にはよろしくないですが。。。( ̄▽ ̄;)
ハタゴ&クマノミの観察する上では最適だと感じました。
ハタゴの口や足&クマノミを至近距離で観る事が出来ます^^


ハタゴお食事中。。。(グロ)

DSCF3947.jpg

餌を口に持って行くと言うよりは、口付近に来たら内蔵が餌を取りに行く感じですねw


ハタゴの餌

S0013945.jpg

餌は贅沢に、スーパーで売られている冷凍剥きエビを与えています。
小さなサイズが無かったのでカットしています。

ハタゴ飼育は初めてなので実際何が良い餌だか分かりませんが。。。
クマノミが突っつくのでバラけない系、イカorタコorエビor切身などがいいかも?



ハタゴ&クマノミは今の所安定しているので、後は成長&維持を見守って行こうと思います。



これで、ハタゴ&クマノミ記事は一旦終了
またネタが浮上してきたらアップします。


次回のネタは、A〇〇xのFM〇にしようかな。。。?


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
        

Zeovit systemのハタゴイソギンチャク

category - 生体
2017/ 03/ 25
                 
初スパスラータも入海させ気にはなる所ですが、、、それ以上にハタゴイソギンチャクの動きが気になり、、、スパほーちですw

どっちにしても、スパスラータを含め珊瑚の未来は、ハタゴイソギンチャクの状態次第と言っても過言ではないので。。。

現在は、ハタゴ最優先に監視&観察しています( ̄▽ ̄;)

今の所、Zeovit systemでもハタゴは、何とかしょぼくれずに居ます。
130ℓ位のタンクにZeoliteは150gとマニュアルよりも大分少ないですが、ハタゴは生きてます。
Zeoliteを増やしたら、どーなるか分からないけど。。。

DSCF3904.jpg

一週間ほど観察した状態は?
照明点灯時&照明消灯時の膨張&収縮するのは理解しましたが、、、日に寄って消灯時の収縮具合が大分バラつく、、、何か不安を感じますね( ̄▽ ̄;)

生体にとって不規則ってことは、何かが良くない何らかの前兆だと思います。。。


大きな変化!
21日に消灯後15cm程ビックリするぐらい収縮、翌日の点灯時もあまり膨張しませんでした。

お口が少し開き気味で体調悪そう。。。

見た感じ明らかにエネルギー不足な感じ。。。

ハタゴも生き物ですね。。。
やっぱり何か食べないと維持できないかw

とりま冷凍のエビを解凍後少し与えました。
その後徐々に膨張率が上がり初期段階の状態まで復活しました。

光合成だけで飼育を考えていましたが、餌さ与えないと現在の環境かでは維持出来ないご様子( ̄▽ ̄;)

ただ、毎日餌を与える必要はないです。
観察している感じだと、週に1回だとハタゴも辛そうなリアクション、、、ベストコンディションを保つといった意味では、週2回は必要かなって気がします。
餌の種類や餌の量でも変わるとは思いますが、週に小さ目の餌さ2回がベストだと感じました。


ハタゴ入海後、水質の変化は?
最近、試薬とかで水質に振り回されるのがやなので、全然チェックしてないので分かりませんw

とりまスキマーの汚水が2倍になったかも、結構汚してくれてると思います( ̄▽ ̄;)
S0013905.jpg
ネック部分でペースト状の汚れを取る様に調整しているので汚水は少ない?
ハタゴ入海後1週間分です。入れる前は2週間でこんな感じでした。

水換え前のORPは350ppm前後有るので、ハタゴが居てもSPSと共生出来るかも?


今後餌付けで、何処まで大きく成長してやらかして下さるか分かりませんが。。。
行ける所まで入海させてたいと思います。


Zeovit環境でもハタゴを維持出来そうなので、Made in 沖縄のクマノミを入海させて行きます。

やっと念願が叶いそうです^^


あーその前に餌付けか~( ̄▽ ̄;)


ПокаПока(ヾ(´・ω・`)