照明

              
        

ATLANTIK v3 plus 到着&設置

category - 照明
2016/ 12/ 17
                 
待ちに待ったATLANTIK v3 plusが無事に到着しました^^

注文してから、1ヶ月後に受け取ることができ、着11日でしたが運送屋も遅れ12日でした。。。
やはり海外機材の購入は、時間が掛かってしまいますね。。。

当初は、Atlantik Compact V3 Plusでも迷いましたが、LEDの数と価格を考えると高く感じてしまったので、思い切ってATLANTIK v3 plusにした感じです。

大は小を兼ねる的な感じ、今後水槽サイズ変更の事も視野に入れて。。。

今回おいらが、購入したATLANTIK v3 plusのイメージはこんな感じ。。。
アルビノ ATLANTIK v3 plus

Albino(アルビノ) ATLANTIK v3 plusです^^

アルビノは、先天性白皮症です。一言で言うと白化です。。。
アルビノ珊瑚とか存在するのかな?

このモデルからパネルがブラックで統一され、3周年記念祭で60台位販売された様ですが、突然変異はこれ一台だけだと思われます( ̄▽ ̄;)

今回個人輸入では、こんなに安く入手は出来なかですしアルビノ何か以ての外です。
JUNさん、無理な注文&お手数かけてすみませんでしたm(_ _)m

ではではOpen
DSCF3704.jpg

DSCF3705.jpg
日本語取説&保証書の安心感ハンッパない!

DSCF3706.jpg
エコマリが落ちてますが気にしないで下さい。。。

DSCF3707.jpg
アルビノなのでホワイトです。

DSCF3708.jpg
心配だったロゴも旧作の物ではなくv3 plusでした^^

DSCF3710.jpg
Radion XR30w Gen4 Pro程ではないですが、レンズもドーム状に成っています。

DSCF3711.jpg
電源ユニットの防水コネクターは、コンセント側&照明側ともに分離できるので配線の取り回しは、とても便利でした。

ATLANTIKシリーズでは、本体には操作ボタン&スイッチは付いていないので、設定&制御は全てWi-Fi経由で専用アプリから行います。

勿論、到着後コンセントをぶっ刺し直ぐに使える品物ではなく。。。( ̄▽ ̄;)
帰宅後数日かけて、後片付け、アプリのDL、LANの接続、プログラミング、T5撤去、設置しました。

スマフォでOrphekアプリ起動
DSCF3719.jpg
バキバキスマフォですが気にしないで下さい。

これがメインボードです。
Quickは、
1ch~4ch手動操作

Programは、
1ch~4chの照射出力&照射時間の設定です。予めいくつかサンプルプログラムも記憶されています。ここでカスタム構築できます。

Settingは、
ID&時間設定、照明温度、複数照明の管理など

Programは、カスタム構築したので紹介します^^
DSCF3729.jpg

めっちゃ単純 ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

1ch~4ch全て同で北斗七星になたw

ブルー系が強いようなら下げようと思っていましたが。。。いい感なので。。。オール50%
照射は、夜間よりにしています。

設置
DSCF3713.jpg
付属のワイヤー吊りしました。Wi-Fiアンテナが次世代的に感じます。
そして赤いLED=アルビノの赤い目

DSCF3720.jpg
冷却は、80mmFanが4機の空冷式、大きめのFanで低回転なので音は気になりません。

見た感じ、マイナスドライバーだけで簡単に分解出来そうなので、メンテも楽そーです。

50%照射
DSCF3715.jpg

Zeovit SystemでT5からの移行になるため、LEDの光は珊瑚にとって強烈なので控目の50%照射、設置位置も少し上げて水槽から250mmで試運転中です。
見た感じT5より若干暗いか同等レベルなので、サンゴのポリプの出具合で今後調整していきます。

LEDの導入は、夏場の室内&水温上昇の防止と節電が目的です。
消費電力は100%照射でも230Wで、うちは50%照射なので120W位でした。T5から比べると80W程節電に成ります。

細い部分だと、プログラミングで照射出力、時間設定などが任意で細かく設定できるのも魅力的でした。

LEDでトラウマがあるショウガ、ブリードsで実験開始です(^_^;)
DSCF3721.jpg

さて、どーなることやら。。。


До встречи(´∀`*)ノ
                         
                                  
        

崩壊リセット&LED照明予約

category - 照明
2016/ 11/ 05
                 
マリンアクア初の崩壊。。。

現状、底面に塩ビ板がある状況だと、いくら水換えしても水質が改善される環境でなく。。。
悩み最中に水槽の水がやたら生臭い。。。よく見ると、いちご様がRTNを発症( ̄▽ ̄;)
直様除菌&淡水浴をしましたが、半日で3/1ほど白化してもーたので躊躇なくポイ

いちご様が溶けた事で、振れていた心が決まり思い切ってリセットする事にしました。

思いつきで考えた底面に塩ビ板を敷いた二層構造は諸先輩から見れば無茶苦茶、無謀極まり無かったって事です。

Raku-dayo systemとか言って、立ち上げたものの半年で残念な結果が出ました。。。

そして半年経った塩ビ板を捲る時が来ました( ̄▽ ̄;)
DSCF3637.jpg

デトがSump内より大量に蓄積されていたので底面サイフォンでの吸上げでは吸いきれて無かった様で、この計算ミスは致命的でした( ̄▽ ̄;)

渦巻きゴカイが大量発生していると思っていましたが、ガラス面にはあまり居ませんでした。
生物らしきワラワラも居ません。。。
デスゾーン?

DSCF3638.jpg

塩ビの隙間からは、海藻類が生えて安定して成長していたので、いい感じに栄養塩が供給されていたのかもしれません。。。

と、まぁこんな感じの結末に成りました^^

で、リセット
DSCF3641.jpg

珊瑚やお魚は避難、飼育水は80%ほど残しSumpは弄らず最低限の水質は確保。

マリンアクアの趣味が長続きする理由があります。それは趣味が多重してるからです^^

①珊瑚やお魚が生体が好き
②機材やメカニカル物が好き
③DIYすることが好き

生体だけ飼育されている方は、あまり長続きしないような気もしますがどーでしょう?
今回①の部分でやらかしてるので、アクアストレスを②と③に分散します( ̄▽ ̄;)

今回は崩壊序によい節目なので②の照明を、T5からLEDに変更を企んでいます。
Zeovit system ではT5がベストだと思いますが。。。
T5に新商品って少ないような。。。

なのでLEDをどーにか導入したい思いがあります。前にメタハラからLED変更後ショウガとか維持できなくなり悩んが記憶が有るので抵抗があります。珊瑚の様子見でダメなようならE5の様に乳白色アクリルを割り込ましてソフトなT5に近づける工夫もする予定です。

Radion XR30w Gen4 Pro の発表で個人輸入するか悩み買い物カートに入れたものの。。。
とてもよい商品なんですが、LEDの配列とサイズに不満を感じお見送りしました( ̄▽ ̄;)

レンズ形状がいくらドーム状になっても、結局は大雑把に言ってしまえば2ヶ所からの照射でしかないので絶対に影になる部分は出てくるはず。。。多数設置してれば問題無いのかもしれないけど。。。

おいらのSPS珊瑚飼育の理想のLED照明は、面積の広さと大量に散りばめられたLED^^

それがこれ↓
ORPHEK ATLANTIK v3 plus

LED78発^^


ORPHEK ATLANTIK v3 plus

今回、JUNさん所で期間&数量限定の3周年記念祭が実施されており
割引&2年保証、しかも日本語取説ありw
高価な照明ですが個人で入手するより手間&リスクを考えるとやっぱり安いかも。。。

しかも今回おいらの我儘で、JUNさんに無理くりお願いしたのでオリジナルの1台になります^^
機能的には変わらないですが。。。( ̄▽ ̄;)

水槽崩壊 & 3周年記念祭 & ダメ元も我儘注文も対応してくれた

到着は11月中旬~らしいですが、Gen4 Pro みたいに延期しない事を祈ります。。。(-_-;)

到着楽しみにしています入手したらレポします。


До встречи(´∀`*)ノ
                         
                                  
        

ATI T5のファン故障&取り外し

category - 照明
2016/ 08/ 15
                 
回転物の故障が続いております( ̄▽ ̄;)

季節のせーでしょうか?
メインポンプのお次はT5照明のクーリングファンが1機停止していました。
T5のワイヤー調整をしていたら気がつきましたが何時から停止していたかは不明。。。

今のところ全て点灯しているので、ファン交換をして修理します。

先ずはファンのサイズや品番などを調べないといけないので取り外しします。
DSCF3504.jpg
ファン部分はメンテナンス性が悪く購入後一度も掃除していなかったので。。。
めっさホコリだらけブラケットも少し錆びてるやん( ̄▽ ̄;)

ではでは取り外し
DSCF3505.jpg
ファンブラケットの固定は樹脂クリップ2ヶ所です。ゴム製部分はファンとブラケットを固定しているリベットなので、ちょん切らないよーに^^

おいらはカッターで取り外しましたが優しくコジってあげないとちょん切れます^^

DSCF3506.jpg
外したクリップはこんな感じ、クルマの内装とかで使われている物に似ています。
ただNanoサイズです。
DSCF3508.jpg
開けると赤と黒の配線だけで取り外しも工具なし、抓むだけで脱着可能で取り外しも簡単×2ヽ(´▽`)/

っと思いきや。。。



ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!



赤線がこれ以上出て来ないやw


取り外しはまー頑張れば外れそーですけど。。。取り付けは。。。分解掃除になるかも。。。

DSCF3507.jpg
てんこ盛りの綿埃で汚い

てかまた。。。

MADE IN CHINA やん( ̄▽ ̄;)

肝心の品番はEFB0612MA
DC12V 0.12A

でした^^

ファンとブラケットを止めているファンリベットは取り外し出来ました^^
DSCF3512.jpg
このファンリベットはゴム製だけれど返しになってるので力尽くで引っ張れば恐らく切れてしまうので。。。
鋭利なハサミを使い地道に押し込む事にしました。
DSCF3513.jpg
先ずはファンの下に数ミリの厚みの適当な物を挟みゴムリベットが少し張った状態で少しずつ押し込んで行きます。

これを一周やると。。。
DSCF3514.jpg
外れます^^

ここもデリケートゾーンなので優しく作業しないとズタズタになるかも

まーこれは成功例で反対側はNG集になた( ̄▽ ̄;)
DSCF3511.jpg
ニッパで力尽くでファンを破壊して救出したのですが。。。

ファンは外れたけどワッシャー外れてないやん( ̄▽ ̄;)

ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!


外したパーツは洗浄して
DSCF3515.jpg
部品が細かいので無くさないように保管

早速2機注文を掛けたので早ければ今週末には届くかも?

購入先はDigi-Keyです。


До встречи(´∀`*)ノ