メンテナンス

              
        

ZC-700α 破損

category - メンテナンス
2016/ 11/ 20
                 
ZC-700α プチ破損したお( ̄▽ ̄;)

ゼンスイのZCシリーズ の弱点かもしれません?

ガラス面コケ取り中、Vortech MP10WQD氏が邪魔で一度取り外し、コケ取り終了後元に戻して。。。

MP10WQD氏の電源ON

センター出し失敗。。。MP10WQD氏、またバンジー。。。( ̄▽ ̄;)

エッ!? 噴水!?

ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!


MP10WQD氏バンジー=噴水。。。意味分からんって( ̄▽ ̄;)

Vortech氏達は、時折バンジーはしていましたが、今回は打ち所が悪く下界の機材に負傷者が出ました。

破損はZC-700αの右側、Гの字のノズル 部分にクリティカルヒットしました。。。
DSCF3651.jpg

MP10WQD氏が標高60cm程からバンジーで被害は。。。

DSCF3652.jpg

ノズルの括れ部分に亀裂が入ってしまい、ここから綺麗な二股の噴水が上がりましたw

ホースの重みで一番負担が掛かっている部分で、ノズルの弱い部分でもあり運悪くこの部分にMP10WQD氏が着地なされました。

DSCF3653.jpg

不幸中の幸いとしては、前回故障してたZC-500Eを修理後予備機でストックしていた為、同じパーツが付属なので直ぐに交換が出来た事です。
予備が無かった&留守中だった事を考えるととても怖い出来事かも。。。


MP10WQD氏に命綱を装着させて居なかった事が、今回の事故に繋がったのは言うまでもありません。
取説では、配線を上に向けて配線を固定する感じですが。。。
見た目的に宜しくないので、命綱無しで使用していました。
下はマットだし落ちたら拾えばいいやと安易な考えが。。。( ̄▽ ̄;)

見た目が気に入りませんが。。。
DSCF3656.jpg
MP10WQD氏がモフモフですが気にしないで下さい。。。

MP10WES氏 & MP10WQD氏に命綱を装着させました。

DSCF3655.jpg

無事に数分で再稼働^^
ZCシリーズの、Гの字ノズル亀裂が入り易いので、予備をストックした方がいいかもしれません。


Vortech氏のバンジーには注意しましょうw

プチトラブルでした^^


До встречи(´∀`*)ノ
                         
                                  
        

ろ過槽にバクテリアを定着させる

category - メンテナンス
2016/ 10/ 30
                 
底砂を入れて暫くはお魚&珊瑚も安定期に入ったと思っていましたが。。。歯車が少しずつおかしくなってきました。

今までに経験したことがない現象が起き始めたからです。
その現象はKZ砂に緑苔?藻類?がやらた生えて来て見た目、真っ黒クロスケみたいにウニ状態、それが一粒ずつ底砂全面に覆われてしまい、ぱっと見芝生みたいで綺麗でしたが。。。やっぱり前回と違い異常です( ̄▽ ̄;)

生体も前回に比べ入海させていないのに関わらず、ORPが全然上がって来ない。。。仕方なくオゾンを添加しても300前後を維持する程度で上がらないし、水換えをするとまた暴落するので悪循環をループしていました。

KZ砂の藻類は、底に塩ビ板を敷いたまま底砂を敷いたのが問題だったと実感しました( ̄▽ ̄;)
底砂部分、地下層に栄養塩が蓄積され適度に栄養分を藻類に供給されていたと推測します。。。

ORPの上がりが不満でしたが大きな問題が起きなければ暫く様子見と考えていましたが。。。
トラブルはやはりやって来ました( ̄▽ ̄;)

何と!?
KZ砂が次々離陸。・*・:≡( ε:)

ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

藻類が成長しすぎて真逆の浮遊です。この状況は夢にも思いませんでした。

浮遊すれば二次災害が起きるのは言うまでもなく、水流ポンプに導かれ。。。あんな事やこんな事が起きます。

こんな状況に追い込まれてしまったので、意に反しまた底砂完全撤去のベアタンク戻った次第です(;´Д`)

入れたり出したり入れたり出したり。。。おいら何がしたいんだろ? マジ思ったw

ただ底砂を撤去するだけでは、前回の状態に逆戻りで定着バクテリアが少なく不安定な環境になってしまうので今回は、Sumpの方にバクテリアを定着させる試みをします^^

底砂をサイフォンで撤去したのですが、かなりワラワラ系が繁殖していました。酸素を消費していたのかもしれません?よく分かりませんが。。。

Sumpはドリームボックスを使用していますがサイズの割に有効スペースは思いのほか狭く限られているので工夫をする必要がありました。

今回Sumpにバクテリアを定着に必要なアクア用品を購入しました。(右上はお魚のご飯)
DSCF3620.jpg


DSCF3623.jpg

確かマイナスイオンとかでバクテリアを引き寄せるとか寄せないとか?早期定着が見込まれます。
1本で100ℓまで対応、ロシア語のЖみたいな形状をしています。

長期使用は汚れで詰まるので半年で交換みたいですが。。。いいお値段するので超音波洗浄で形が無くなるで使い回し予定^^

設置場所。。。
DSCF3626.jpg

奥の狭い隙間に、無加工で設置出来るのでここを予定していたのですが。。。
予想以上にバフィーがペッタンコになったのでアウト、バフィー設置にはある程度間隔を取った方いいみたいなので変更( ̄▽ ̄;)

続いてここ
DSCF3627.jpg

Sumpの落水受け部分、32㍉の入口が空いておりご予定も無いのでここにしましたw

DSCF3624.jpg

ちょっとキツイですが、通れば中で広がってくれるので問題なさそうですけど。。。この中に物を落としたら開封出来ないので回収困難というよりは不可能かも、ドリームボックス最大の問題点ですね。

ここが最も水位が高く中はそこそこ広い闇スペースです。
多少のリスクを覚悟しなければ成功はないですw

ただこのまま挿入だと中に落ちる危険性が非常に高く、全部水中にも浸からないのでDIYする事にしました。

DSCF3629.jpg

25㍉の塩ビが余っていたので、適当な長さにカット

DSCF3630.jpg

塩ビは、結束バンドが通せる位の穴4㍉で明け
バフィーは、ドリルですと巻き込まれて危険ですので、ハンダで溶かします。

DSCF3633.jpg

結束バンドで組み付けるとこんな感じ。。。
車のホイール洗い用にもぉ一本欲しいな(*^^*)

DSCF3636.jpg

拘りは底面に接地しないように設計^^

Zeobakもここに添加すれば効率がいいかも。。。?

完成後想定外だったのが、入口が狭いので引き抜き時にいい感じに脱水までされる(*^^)v

そして珊瑚砂を1ℓ買いましたが、設置場所&設置仕方を考案中、バフィーの様子見で今回は未設置です。

残りの、ろ材は。。。
DSCF3622.jpg

神だより&好奇心でトルマリン原石  

ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

チャー○で、ろ材として堂々販売されているので問題ないと思います。。。が

トルマリン鉱石は昔よくTVで商品が紹介されていて知っていました。。。が

評価コメント欄は、『効果があるか不明』『~信じて』『~思い』 

この確信のなさ( ̄▽ ̄;)でも高評価w

特長欄を読むと、良い事尽くめで逆にめっちゃ怪しすぎるわ(-_-;)

お守り的な商品と遭遇!折角なのでポチたった^^ 

DSCF3635.jpg

スキマー出口&拝みやすい所w

ろ材の設置でした^^


До встречи(´∀`*)ノ
                         
                                  
        

フィルターソックスの目詰まり洗浄

category - メンテナンス
2016/ 06/ 25
                 
今回はフィルターソックスの目詰まりの洗浄方法の記事^^

網の細かさにも寄りますが、フィルターソックスは、ウールマットよりも細かなゴミを濾過してくれます。
その反面メンテが大変ですね( ̄▽ ̄;)
フィルターソックスは、長くても1週間で洗浄してあげないとオーバーフローしてしまい濾過が機能しなくなります。
ウールマットは、汚れてきたらポイして新しいのに交換するだけでおkですよね?

しかもフィルターソックスは長期使用してると、網の詰まり通水性が悪くなるので洗浄スパンも短くなってきます。
定期的に漂白剤に漬け込み、網の詰りと黄ばみを落としていましたが。。。
網の詰まりの落ち具合は納得がいかない。。。
しかも漂白剤に漬け込むとヌル×2で、濯ぎも丁寧にやらないと生体に悪影響が出そーだし。。。
フィルターソックスが破れる前に汚れが落ちなくなり、目詰まりで買い換える方も多いと思います?

こんな感じで、フィルターソックスの洗浄に手間が掛ります。

このアクアストレスを軽減させたいと思い色々考えました。
思い浮かんだ項目を並べたいと思います^^

フィルターソックスを何で洗うか?
バケツ洗濯機で洗う
高圧洗浄器で洗う
超音波洗浄機で洗う

ミニ洗濯機は、フィルターが痛みそうだし網の詰まりまで落ちなさそー
高圧洗浄機は、同じくフィルターが痛みそうだし、びしょ濡れになりそー
スチームクリーナーは、高温で殺菌も期待できるけど、火傷しそーでも効果は高そー
超音波洗浄機は、フィルターに付着した物は、全て振るい落としそーしかも殺菌作用もある

この中から選定したのは超音波洗浄器をチョイスしました^^

ただ疑問な事が。。。軟性素材にも効果があるか?
試験的にSW5800で実験してみました。
写真はありませんが結果は納得のいくものでしたので本格的にフィルターソックスが入るサイズをGet

DSCF3440.jpg
日本製だと予算オーバーなので中国製( ̄▽ ̄;)
もー業務用って感じ。。。
デザインはあまりよろしくないです( ̄▽ ̄;)
まー洗面所に設置するので我慢×2

お金が余っている方は、最高級品のこちらをお勧めしますw
CPX2800H-J

中国製品なので品質チェック
オールステンらしーのでマグネットチェック!
ステンレスには磁石は付きませんので付く場合は鉄が多く混合している事になります。
DSCF3442.jpg
外装は微妙に引き寄せられる感じはありますがほぼステンです。
DSCF3444.jpg
バスケットは全然反応しないので純度の高いステンでしたw
やるな中国ヤバイな日本w 
期待はずれ ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!! 

これが1週間で汚れたフィルターソックスをざっと水洗いした物
DSCF3445.jpg
アップで見ると。。。
DSCF3447.jpg
コケ系の汚れが網目に詰まっています。
これをブラシで磨いてもあまり落ちません( ̄▽ ̄;)
DSCF3448.jpg

それでは超音波洗浄していきたいと思います^^
設定は、40℃で10分間洗浄します。
DSCF3449.jpg
ポチャ
DSCF3456.jpg
・・・・・・(・ω・。) ジーッ
水が生茶に変わってきました^^
因みに稼働中指を入れると。。。
ピリ×2して感電してる感じ
指の脂分が無くなり。。。
サラ×2なるー ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!
まー指はどーでもいいや!?

超音波洗浄後
DSCF3451.jpg
縫い目の隅の部分はまだ黄ばみが残っていますが水温と時間を増やせば綺麗になるかも?
DSCF3452.jpg
肝心の網目の詰まりは新品並に洗浄することが出来ました。
DSCF3454.jpg
左側は、水温40℃以下で洗浄したので若干まだ汚れています。
右側は、水温40℃で洗浄したら油性マジックの文字も消えたった^^

フィルターソックスに超音波洗浄器は、過剰投資だと思いますが。。。
過剰投資ですw

チャイナ製ならなんとか。。。

今後の長いマリンアクア生活を考え、洗浄の手間と時間など天秤にかけた結果、超音波洗浄器導入に至りました。
それだけマリンアクアに情熱を入れてるってことで。。。^^

フィルターソックス意外に洗浄出来そうな物を発見したらまた記事にしたいと思います。

スチームクリーナーでの洗浄も興味が合ったのですが今回トライしなかったのでやられた方や、他にもっといい洗浄方法を知っている方コメントお待ちしています。


До встречи(´∀`*)ノ
                         
                                  
        

サイフォンで水替え

category - メンテナンス
2016/ 05/ 23
                 
週一のプロフォースでの水替えと洗い物をどーにかしたいw


ただ水替えを楽にするだけでなく、

如何に楽して効率よく汚水の除去ができ尚且つ長期安定した環境作りを考えていました。


今までずっと底砂を敷いて水槽を維持していましたが。。。


どーあがいても水槽内なので汚れが蓄積してしまうことは免れないと思います。


マガキ貝などのクリーニング部隊を投下しても。。。


食べれば食べる程、出る物もでます( ̄▽ ̄;)



遅かれ早かれ底砂は汚れて心理的に交換したい衝動に駆られますw


まーベルリンsystemでは、底砂がコアになるので必要ですが。。。

ベルリンでは、底砂に溜まったデトとか、どーしてるんだろ?




まーいいやw




とりまおいら的には

底砂があると水替えの際プロフォースでサク×2やらないといけないし。。。



レイアウトも崩れるし。。。


洗い物もでるし。。。


定期的な攪拌も必要なので撤去してベアタンク系にする試みです。





二層式ベアタンク
Rakudayo-system です。


今回は前回、未完成だった吸い上げの配管が完成して水替えをしたのでアップ記事にします。

水替え用配管、バルブ製作
rakudayo-system 20160522a
水替え用配管、吸い上げパイプ製作




rakudayo-system 20160522b

赤の20塩ビ管とエルボが余ったので、ここもロイヤルぽくしてみました^^

水替え用配管、バルブ設置

rakudayo-system 20160522c
ホースは、内径19の外径26で太めです。


水替え用配管、設置


rakudayo-system 20160522i
水替え用配管、吸い上げパイプ設置

細い6mmチューブはサイフォンを誘発させるためのチューブです。



ではでは今回は人力で ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

rakudayo-system 20160522j

疲れるまでシュポ×2やると

rakudayo-system 20160522k

メインタンクの海水がホース内に溜まります。



これでサイフォン水替え準備完了



そして製作設置したバルブをオープン



これは、先週の水替え時の様子rakudayo-system 20160522g

ホースが太いのでいい勢いです

rakudayo-system 20160522h

んーまだあまり汚れは吸い上げてこない感じです。。。

そして今週の水替えの様子
rakudayo-system 20160522d

10リットル

rakudayo-system 20160522f

前回に比べて、汚れ?沈殿物の量が増えてきました。


ワラワラ系、微生物の確認をしましたが吸い上げられていないので。。。


塩ビの穴が多すぎたのか。。。

そこまで吸引力はないのかも。。。



まーしばらく Rakudayo-sysrem 様子見します。



おいらの考えでは、ワラワラ系、ウミミズムシなどが塩ビ板の下で繁殖してることを願っています。

最後に、


RTNが痛々しい。。。 

フレームは粒餌以外にもコケを食べるので。。。 出る物も。。。 

RTN 20160522a

それ誰が片付けるねん( ̄▽ ̄;)



消灯前&Zeozym後 

zeovit Panoramic view 20160522

RTNやらなんやらで大分スッキリしてしまいました。。。( ̄▽ ̄;)



До встречи(´∀`*)ノ
                         
                                  
        

レイアウト変更&新たなる試み

category - メンテナンス
2016/ 05/ 05
                 
今日は、ゴールデンウィーク連休最後の日なので前々から考えていた水槽のレイアウト変更を決意しました^^

作業が大掛かりで、おいらのNanoタンクでも後片付けや何やらで半日はもってかれてしまうので躊躇していました。。。

まー実行しなかった理由は他にもいくつかありまが。。。。



サンゴの調子がよろしくない( ̄▽ ̄;)

最悪な病原菌RTNに見舞われてる真っ最中、下からジワ×2めくれてきてますヽ(TдT)ノアーウ…

ブリードサンゴも、いくつかポイしました

ヨウ素も多めに添加してますがあまり効果が。。。

またオゾンとか引っ張りだして設置したり。。。

おれ何やってるんだって感じ。。。( ̄▽ ̄;)


こんな状況なのでレイアウト変更も、崩壊覚悟の決行( ̄▽ ̄;)

この連休逃したら間違いなく次回は。。。お盆の連休に。。。なるし


ってことで頑張りました。


前にも少し言いましたが、底に塩ビ板を敷いて個性的なベアタンクにレイアウトしたいつもりです。

そしてタイトルにもありますが新たな試みをする事に。。。

水槽的に良いのか悪いのか分かりませんが、思いついたのでやってみる事にします。




先ずは塩ビ板を水槽底面に合せて注文
レイアウト変更 20160505c

塩ビ板の裏は、塩ビ配管を張り巡らせ
レイアウト変更 20160505a

ドリルで塩ビ管に穴を開けて行きます
レイアウト変更 20160505b

塩ビ管の出口は塩ビ板の上に出ています。
レイアウト変更 20160505d

因みに、ミニミニさん考案の、ZENI-NAIYOシステムではないです^^

名付けるとしたら。。。RAKU-DAYOシステムですwww

あ  

まだ実験段階なので今は RAKU-KAMOシステムにしておきますね^^


そしてタンク外まで塩ビ管を引っ張って行きます

レイアウト変更 20160505g

水槽外の配管は、今回時間が無かったので未完成です。。。

一番大変な部分は設置完了した感じになります。

配管はまた他の記事で紹介したいと思います^^



この塩ビ管の設置はオルカのキャビネットだから出来る事かもしれません。。。

オルカのキャビネットは、50mm程水槽の底面が隠れてしまう為、塩ビ管を隠すことができます^^



っでコレで何するの?



これで水換えします。

タンクの底面、塩ビ板の下に溜まったデトを底面からサイホンの原理で吸い上げる試みです^^

もーねプロホースでデト吸い上げるのが。。。

めんどくなったぁー ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!


塩ビ板を設置するとこんな感じ
レイアウト変更 20160505e

塩ビ板の端部は5mm程空いているので、デトは水流で塩ビ板下に溜まるはず。。。?

リスクは塩ビ板下に、何が住み付くか分からない事w 

まーどの世界にも表の世界と裏の世界があるので。。。バランスが取れるかも?




そして今まで使用していたライブロックは
レイアウト変更 20160505f

一時撤去します大分汚れてしまったので洗浄して、真っ白になるくらい。。。ほーち

ドライロックになったらアクアセメント使いレイアウトをアクロバット化させて行く予定です。

形としては、Tの字かГの字にしたいですね^^

今回は、このライブロックを使わず仮レイアウトで我慢します。。。( ̄▽ ̄;)


ではではベアタンクのレイアウトお披露目です^^

サンゴはRTNでめっさ調子悪いので見ないでくださいw トゲも酷い事になっています( ̄▽ ̄;)

1~出直しですね。。。( ̄▽ ̄;)
レイアウト変更 20160505h

真ん中のドライロックを柱に、TかГになるかも。。。




До встречи(´∀`*)ノ