機材

              
        

スキマー&ポンプの調整に終止符?

category - プロテインスキマー
2017/ 09/ 03
                 
昨日スキマー調整の記事を問題だらけでアップしましたが。。。
今日閃いて改善したのでまた書く事にします。

Double Cone 130にRed Dragon3 Mini Speedyをスワップをさせポンプが強力すぎて調節できず悩んでいる件の続きの記事になります。

こっから読まれる方は1個前のブログも読んでください(´。・д人)


昨日あれからスキマーは大きな噴火はなかったものの。。。
DSCF4163.jpg

蓋が1日で汚ならしくなり新たに改善を余儀無くする事になりました。

やはり必要なパーツを外したので当たり前の結果かも。。。



っで
今日着目したのは、ポンプ側の吸い口です。
昨日はスキマーを本体を弄り倒したけど。。。
そもそも食べさせなければ出ない法則です^^

水やエアーを吸わせなければ排水も少なくなるって事ですね


吸い口の変更
DSCF4161.jpg

左がDouble Cone 130用のノズル、右が200 VS13用をカットしたノズルです。
はめ込み部分は両方40の塩ビ管サイズでしたのでこれを入れ替えて吸引量を減らしパワーダウンさせる試みです。

DSCF4162.jpg

吸い口は結構違いますね
もぉこれでもダメならインペラのPINを減らすしかない(-_-;)


ノズル交換
DSCF4166.jpg

ちょっと全長が長くなりましたが、多少ポンプのパワーを上げても調整が効く感じまでパワーダウンしました。
外したパーツも全て戻し昨日の努力は泡に成りましたw
因みに稼働中ですが水面は穏やかそのものです。


コーン部分
DSCF4167.jpg

泡も正常位置、スキマーからの泡戻りも全くないので、Sumpの透明度はよいですね

カップ部分
DSCF4168.jpg

噴火する様子もなく泡をコントロール出来、支配下に置きましたw

現在は消費電力20wでスキマーの排水ゲートは半分閉めてこんな感じです。
あとは様子を見ながら微調整って感じですね

因みにエアーの吸引を落とす事も試みましたが、何故かポンプが自動停止してしまうので負担が大きいと思われます。

Pumpの性能を考えると宝の持ち腐れぽくなりましたが、、、
ロイヤルさんもぉ少し小さいDCポンプ(屮°□°)屮カモーン

あ~静かだ~(*´∀`*)

Red Dragon3 Mini Speedyのスワップはこれで完結だと思いたいです。



Пока Пока(ヾ(´・ω・`)


                         
                                  
        

スキマーポンプの変更&加工

category - プロテインスキマー
2017/ 09/ 02
                 

現在スキマーは、ロイアルのBubble King Double Cone 130を使用しています。


新品購入後2年ちょっと経ちますが、特にトラブル&故障もなくフル稼働してきたので、色々メンテナンスが必要な時期だと感じています。

Oリングの劣化も見られるので交換時期だしポンプの故障にも備える必要があると思います。


ロイヤル製品でも2年も使用してると悪いとこ良いとこが明確に分かってきます。


ポンプの予備がないので予備をキープしたい、そしてDCポンプでないので色々問題や不満を感じている。


現状こんな感じで、ACポンプからDCポンプに変更したい気持ちが強くなって来ました。

スキマーを DCポンプのDouble Cone 180に買い換えるか検討したが明らかに、Sumpに収まらない。。。でもDCにしたい。。。どしお( ̄▽ ̄;)


で思いついた発想は。。。

Double Cone 130にDCポンプをスワップさせちゃえ^^

外したポンプを予備にすれば一石二鳥!



早速こんな物をお取り寄せ^^

DSCF4131.jpg


ロイアル系です


DSCF4132.jpg


ロイアルだけは開封の度、貴賓を感じさせてくれなすね。。。


DSCF4135.jpg


Bubble King 200 VS13用のDCポンプですね

これをDIYで加工してDouble Cone 130にスワップさせます^^


これをチョイスした理由は、メインポンプと同じタイプだからです。もしもメインが壊れた時にも、このポンプのインペラを交換してやれば使用出来るから一石三鳥?


DSCF4134.jpg


Double Cone 130用のOリング契れて来たので交換



現状。。。

DSCF4137.jpg


静寂だとやはり音&振動が気になってしまいますね( ̄▽ ̄;)

sumpスペースは狭いですがポンプの位置&向きを合わせれば入りそぉです。

このポンプの消費電力は16wとのことですが。。。実際は57w辺りを叩き出しています。

恐らくメンテ不足で抵抗が掛かってるんだと。。。DCにすれば半分くらいに出来るはずです。




Red Dragon3 Mini Speedy 加工&調整

DSCF4136.jpg


吸水口部分をカットしてコンパクトに、排出口の向きを変更

ポンプ向きを合わせると排出口が上がってしまうので、スキマー本体を数センチ上げます。



Double Cone 130取り出し。。。

DSCF4139.jpg


暫くメンテナンスしていなかったので。。。渦巻きゴカイがぎっしり付着してるのでクエン酸に漬け込んでから洗浄します。


DSCF4141.jpg


今まで開けられず初めて開けたら塩ダレが凄かったw




DCポンプ仮合わせ。。。

DSCF4142.jpg


ポンプとコーンのバランスが可笑しいですが。。。大丈夫かな?


DSCF4143.jpg


スキマー本体は、40の塩ビ管一本挟むとちょうど良いのでこれでいいやw



設置

DSCF4160.jpg


結構ギリギリでしたが、すんなり入ってくれたので第一関門クリアー


コントローラー設置

DSCF4157.jpg


キャビネットもスペース限界ですが奇跡的に入った^^

左がメイン用、右がスキマー用ですが。。。サイズが大分違いますね( ̄▽ ̄;)

スキマー用のコントローラーはメインポンプ用に比べ発熱は高いですね

操作方法も違いスキマー用は20wから始まる感じ。。。(不安)

V10対応みたいなのでインターフェイスアダプターを買えばApexでも制御可能みたいです。



Red Dragon3 Mini Speedy 起動。。。

DSCF4146.jpg


ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!


DSCF4147.jpg


やばい!Sumpがスキマーになりそぉ( ̄▽ ̄;)

最弱の20wでも排水バルブ全開撤去にしてもスキマー噴火するΣ(○>Д<ノ)ノ



スキマー噴火防止措置。。。

DSCF4154.jpg


やもなく撤去したパーツです。。。



排水バルブ加工。。。

DSCF4144.jpg


調整出来るレベルではないので赤いゲートは撤去してこの部分だけ使うことにしました。


DSCF4145.jpg


本来は排水する部分ですが、この部分はキャップをして水中でのマイクロバブル散乱を防止させます。

次に40用のエルボがピッタリ、ハマったので装着、水面上に排水させバブル崩壊させる作戦です。


DSCF4155.jpg


マイクロバブルは大分減りましたが。。。排水方向はポンプ層にマイクロバブルが流れづらくするため反対に向ける事になりました( ̄▽ ̄;)


DSCF4158.jpg


色々手を打ちましたが、スキマー層の左側にマイクロバブルが舞ってしまいますね

ポンプ層の水面でほぼバブル崩壊しメインに舞うことがないので良しとしました。


コーン内の泡の量でDCポンプの凄まじさが伝わるかと思います(-_-;)



カップ部分。。。

DSCF4159.jpg


カップ内のパイプまで撤去

カップの排水口は閉めたままでペースト状の濃いものだけ除去する事にしました。するしかない( ̄▽ ̄;)

とりあえず汚物が取れ始めたので様子見です。



ここまでやって何とか噴火せずに安定させる事に成功

もう少しワット数を落とせれば良いのですが20wが最弱

泡が下に行ってロスも有りますが、約1/3に節電でき音&振動は分からないレベル、スキミングもパワーアップ?


Double Cone 130のパーツを外すのは想定外でしたが、音&振動が無音になったので満足しています。

またいい方法が思い付けば変更して行く予定です。




おまけ


プロトタイプ1

DSCF4150.jpg


プロトタイプ2

DSCF4151.jpg



Пока Пока(ヾ(´・ω・`)



                         
                                  
        

使い捨てソックスフィルター DIY

category - Sump
2017/ 07/ 16
                 
ろ過槽のフィルター掃除って毎週やるようで結構大変です。

ウールマットの使い捨タイプで、毎週交換するのが理想的ですが残念た事に。。。
おいらのSumpはソックスフィルター限定しかもロイアル製の物しか受付けてくれません( ̄▽ ̄;)

最近はソックスフィルターが主流みたいですが、如何せん毎週の洗浄が苦痛になってきた!
今まで超音波洗浄機を駆使して綺麗に洗浄してましたが最近気づいた事が。。。
そもそもフィルター自体洗浄したくない( ̄▽ ̄;)

まぁソックスフィルター式=洗浄確定みたいなところ有りますが今回は打破させます。


おいらが愛用しているロイアル製 100µソックスフィルター達
S0134079.jpg

左から新しい順です。
一番右はもぉ1年以上使い回しれるのでやる気ないですねw
超音波+漂白剤とかで洗浄していたので色汚れ&目詰まりはないです。


あまり興味ないと思いますが。。。
ロイヤル100µソックスフィルターが一時在庫切れになり再び販売開始されたら、形状や作りが変わっていました!
S0144080.jpg

S0154081.jpg

内容はどぉあれ、観察力向上の意味合いでも少しの変化でも見つけるように心掛けています^^


ざっとロイアルのソックスフィルターはこんな感じです。
ではDIY開始

Aliexpressから、$6.19 不織布袋 100枚セットget
S0164082.jpg

次にソックスフィルターのリングだけ摘出

S0184084.jpg

不織布袋をリングに一枚セット

DSCF4085.jpg

ちょうど良いサイズが見つからなかったので、ぶかぶかですが。。。
うまく織り込んで。。。

DSCF4086.jpg

太めの輪ゴムでバンド^^

DSCF4087.jpg

少し粗め?

S0174083.jpg

使い捨てソックスフィルターの完成ヽ(´▽`)/


早速今週から設置しました。
DSCF4088.jpg

水の重みで外れるかもしれませんが試験的に。。。ダメならまた考えます( ̄▽ ̄;)


最後のソックスフィルター洗浄かも
DSCF4090.jpg

DSCF4089.jpg

マガキ貝は長期監禁プレーしていましたw
こぉする事でフィルター内のコケ&食べ残しを掃除してくれるので目詰まりを伸ばすことが出来ます。
この子は、Sumpのデトクリーナとして一役買ってもらいます。


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)
                         
                                  
        

スポットLEDライト追加

category - 照明
2017/ 05/ 03
                 
照明はATLANTIK v3 plusを使用しているのですが、困ったことにハタゴイソギンチャクが光量不足の様な仕草を見せたので対策をしました。
ハタゴは、LPS程度の光量で行けると思っていましたが予想以上に、強い光が必要かもしれません?( ̄▽ ̄;)


ハタゴがラッパのように伸びて。。。
傘が強風で壊れて逆向いてる感じ。。。
アサガオ見たいな感じ。。。

この症状出ると光量不足らしいです。
あまり照明周りをゴチャゴチャさせたくないのですが。。。
V3の出力を上げる選択もありますが、珊瑚が白化してもやなのでハタゴの為にスポットLEDを追加することにしました( ̄▽ ̄;)

光合成に有効なスペクトル460~490nmを照射させることにしました。

あまり厳ついライトは設置したくないので、出来る限りコンパクトな物を探してきました。

Lumines7
S0063973.jpg

ブルームーン&ホワイトサンの2種類あり、今回ブルームーンを買ってみました。

S0073974.jpg

LEDは4灯で照射角は45° 大きさはとてもスリムで直径50mm程です。

設置
S0263993.jpg

クリップで挟みたくなかったので、クリップを外してアームをV3のネジに止めてみました。

S0273994.jpg

7wですがブルーの珊瑚&蛍光タンパクの珊瑚はとても綺麗に見えます。
V3点灯時は青さはあまり分かりませんが、夜間V3が消灯後ムーンライトとして照らすとLPSが幻想的に揺らめきとても綺麗です。

DSCF4019.jpg

スポット追加後ラッパ見たいな姿はしなくなりましたが綺麗なブルーになってくれません。。。

DSCF4018.jpg

まだハタゴの被害者は出ていませんが。。。
ホワイトソックスがハタゴに興味津津でギリギリまで近寄って行くので心配ですね( ̄▽ ̄;)

DSCF4014.jpg
満開ではありません( ̄▽ ̄;)

スポットライトはハタゴの為に設置したのですが、想定外にLPSがキレイに見えたのでLPSも近くに置くようにしました。

DSCF4020.jpg

初マメスナフラグ 
Zeovitで維持できるか? ちんぼっこいのお試し600円w

夜間Lumines7のみ点灯
DSCF4021.jpg
マメスナが流されましたが気にしないで下さい( ̄▽ ̄;)

写真では、お伝えできないですが、波とLEDの揺らめき幻想的でとても綺麗です。

DSCF4023.jpg

ハナガサも夜間は蛍光ピンクに見えますね

DSCF4022.jpg
しょぼくれていますが。。。( ̄▽ ̄;)

フラワーコーラルは蛍光イエロー?ゴールド?に見え夜間は栄えます。

マメスナは忘れてくださいw (ちゃんと生きてます)


話が変わりますが。。。
Zeovit systemでLPSを維持させるには、LPS用のAmino Acidを添加しないと維持が難しいかもしれません。。。丈夫なスターポリプが一部白化したのでそぉ感じました。


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
        

クーラーのノズルが割れました

category - クーラー
2017/ 04/ 23
                 
ゼンスイ製のZC-700αのノズルが、また割れたお!
交換したばっかなのに。。。( ̄▽ ̄;)

前回は不慮の事故、Vortechのモーターが落下して、Г字のノズルにクリティカルヒットでクラックが入り噴水が上がり予備の部品で交換対応して難を逃れました。

前回の記事はこちら⇒ZC-700α破損

今回は、何も落としていないのにГ字のノズルの同じ部分にクラックが入り滲み出てる感じでした。
ノズル周りが塩ダレしていたので早期発見ができ大惨事は免れました。
留守中にポッキリ逝ったらと考えると身も凍る程恐ろしいですね。。。( ̄▽ ̄;)

S0183985.jpg

ホースの重みに耐えられない様で、ノズルの材質にも問題が有りそうです。

S0083975.jpg

バンドは絞まってるのに指で少し押しただけでもポタポタ垂れてくる。。。
クラックったぽいです。

この付属のГ字のノズルを使い続けるのはリスキーなので、また今後同じトラブルに見舞われると予想できるのでプチDIYをする事にしました^^


現在は、Г字のノズルですがこれをI字のノズルにして、材質も割れづらい塩ビ管に変更する事で水流の抵抗も少なくする試みです。

16塩ビを2本と工具類
S0123979.jpg

ゼンスイクーラーは、塩ビ管16サイズを直接接続できる設計になっているので、このままぶっ刺して使用してもいいのですが、、、少し拘ってみました。


塩ビ管の先端だけ軽く炙り。。。
S0153982.jpg

口広げ。。。漏斗の使いかたは間違っていないと思いますw

S0163983.jpg

InとOut用片側だけ両方加工します。

S0173984.jpg

付属のノズルには、抜け防止の紐だし?があるので塩ビにも引掛りを作ってみました。

S0213988.jpg

塩ビをあまり大きく広げてしまうと入らなくなってしまうので、再度炙り微調整

S0223989.jpg

パッキン装着

チャチャっと組み付けて完成^^
S0233990.jpg

2ヶ所の、Г字の配管がストレートになった事で水流の抵抗も大分減ったと思います。
クラックの心配も無くなったし

お守りを置いて、御終い^^
S0283995.jpg


外したノズルは。。。
S0253992.jpg
前回と全く同じ所。。。
ゼンスイさん改善よろです。

おいらの寿命が減るから、もぉこのノズル一生使わない( ̄▽ ̄;)


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)