Recent Article

              
        

使い捨てソックスフィルター DIY

category - Sump
2017/ 07/ 16
                 
ろ過槽のフィルター掃除って毎週やるようで結構大変です。

ウールマットの使い捨タイプで、毎週交換するのが理想的ですが残念た事に。。。
おいらのSumpはソックスフィルター限定しかもロイアル製の物しか受付けてくれません( ̄▽ ̄;)

最近はソックスフィルターが主流みたいですが、如何せん毎週の洗浄が苦痛になってきた!
今まで超音波洗浄機を駆使して綺麗に洗浄してましたが最近気づいた事が。。。
そもそもフィルター自体洗浄したくない( ̄▽ ̄;)

まぁソックスフィルター式=洗浄確定みたいなところ有りますが今回は打破させます。


おいらが愛用しているロイアル製 100µソックスフィルター達
S0134079.jpg

左から新しい順です。
一番右はもぉ1年以上使い回しれるのでやる気ないですねw
超音波+漂白剤とかで洗浄していたので色汚れ&目詰まりはないです。


あまり興味ないと思いますが。。。
ロイヤル100µソックスフィルターが一時在庫切れになり再び販売開始されたら、形状や作りが変わっていました!
S0144080.jpg

S0154081.jpg

内容はどぉあれ、観察力向上の意味合いでも少しの変化でも見つけるように心掛けています^^


ざっとロイアルのソックスフィルターはこんな感じです。
ではDIY開始

Aliexpressから、$6.19 不織布袋 100枚セットget
S0164082.jpg

次にソックスフィルターのリングだけ摘出

S0184084.jpg

不織布袋をリングに一枚セット

DSCF4085.jpg

ちょうど良いサイズが見つからなかったので、ぶかぶかですが。。。
うまく織り込んで。。。

DSCF4086.jpg

太めの輪ゴムでバンド^^

DSCF4087.jpg

少し粗め?

S0174083.jpg

使い捨てソックスフィルターの完成ヽ(´▽`)/


早速今週から設置しました。
DSCF4088.jpg

水の重みで外れるかもしれませんが試験的に。。。ダメならまた考えます( ̄▽ ̄;)


最後のソックスフィルター洗浄かも
DSCF4090.jpg

DSCF4089.jpg

マガキ貝は長期監禁プレーしていましたw
こぉする事でフィルター内のコケ&食べ残しを掃除してくれるので目詰まりを伸ばすことが出来ます。
この子は、Sumpのデトクリーナとして一役買ってもらいます。


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)
                         
                                  
        

枝状ライブロック&アクアセメント

category - メンテナンス
2017/ 07/ 09
                 
レイアウト変更しようしようと思いつつKZ社のアクアセメント Speedglueを取り寄せてほーち

現在は仮組みで人工ロック Korallenwelt column を使いてけとーにレイアウト( ̄▽ ̄;)
ただ置いて珊瑚を乗せているだけなので、オイラ的には納得いく訳もなく。。。

しかもやたらこの人工ロック大きくスペースも持ってかれてる。
60ワイドでタダでさえ狭いスペースを岩で占拠されてることに許せなくなってきた。


重い腰を上げて物置にほーちしておいた枝状ライブロックを引っ張り出してきました。

S0014066.jpg

洗浄後、またほーちしてこんな感じデスロックを越えてドライロックです。
使う前は、また洗浄して入海させる予定

納得したレイアウトをするには、やはり時間がかかるのでドライロックで水槽の外で組み上げるしかないです。
水槽内で即席で納得のいくレイアウトが出来る人ってホントに凄いと思います。
おいらがやったら多分完成した時にはデスロックになってると思います( ̄▽ ̄;)

枝状ライブロック組み開始
S0024067.jpg

先ずはベースになる重くて大き目のドライロックに組み上げていきます。

コンセプトは
この~木何の木気になる木ですw
今流行りの、盆栽ってやつですかね
底面スッキリさせて珊瑚を乗せたらライブロックがあまり見えない感じにしたいですね
まぁ60ワイドでどれだけ頑張っても迫力出すのは無理だと思いますが。。。
悪あがきはしてみます。

そして独りの世界に没頭。。。


仮組み完成^^


先ずは上から見た感じ。。。
S0034068.jpg

結構ヘンテコな形ですが一応、珊瑚を乗せやすい様に組んだつもりです。
左側は重量バランスと高低差を出す&ハタゴイソギンチャクの接触防止の為高めにしました。

続いて正面から見た感じ。。。
S0044069.jpg
根元は結構スッキリして重量バランスもいい感じです。
T字ですね Г字と少し迷ったので右が少し長めで未練ある感じw
珊瑚を乗せれば下のベース以外隠れる計算なんですが。。。?

横から見た感じ。。。
S0064071.jpg

右が正面で左が背面です。
サイド&正面に突き出した感じ珊瑚が雛壇状に見える様傾斜も付けてます(まぐれ

タイラップでの組付で完成でもいいかなって思ったんですがアクアセメントがほーちされているので接着して見る事にしました^^

S0084073.jpg

Speedglueを大さじ1杯に対して水を5ml ジュースの紙パックで実験。。。
容器が使いづらい直ぐに固まる。。。( ̄▽ ̄;)

ヨーグルトの容器に変更
S0104075.jpg

大さじ3杯

S0114076.jpg

水てきとーさじ加減

大さじ1杯に水5mlじゃ絶対に足りないかも。。。固まり始めるから多めに追加する方が扱い易かったです。
ペンキ塗のシンナー的な感じでいいと思います。

セメント塗り開始
S0094074.jpg

思いのほか大量にセメントパウダー使うね。。。
それにライブロックに塗りこむのが結構ムズイかも。。。変に動かすと直ぐにクラックが入り割れやすい。。。( ̄▽ ̄;)



ペタペタ


ペタペタ。。。


S0124077.jpg

ん~これはやりたくない作業に認定したいと思いますw

このまま丁寧に塗り続けるとセメントロックになるかも( ̄▽ ̄;)
最近の樹脂を熱湯で緩めて固めるやつにすればよかった。

間違いなくアクアセメントは売れなくなるな。。。

ちょっと動かすとクラックが入り易いので乾燥後数回に分けて作業しないといけないので今回は一先ここまででタイムオーバー


因みにZeozymとSpeedglue
ケース&色&質感がほぼ同じなので、酔っ払って添加したらPHアップ&パリッパリになるかもw
DSCF4078.jpg


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)


                         
                                  
        

バフィーの撤去&ナンヨンハギ

category - 海水魚
2017/ 06/ 10
                 
今までベアタンクにしたりしなかったりで、底砂を出したり入れたりでいい加減どっちかにしろよ!
っと思った方も居ると思います。


それには、理由&悩みがあったからです( ̄▽ ̄;)

底砂を入れ暫くすると大抵こぉなる。。。
DSCF4052.jpg
藻類モフモフで光合成で酸素生産され底砂からプクプク出てくるw

Zeovitなのでリン酸塩はあまり気にしていませんが、念のため測定。。。
結果はほぼ0

モフモフになる原因が分からないから、やになり底砂を全撤去でベアタンクのパターンです。


で今回は敢えて撤去せずにSumpを疑ってみました。
疑わしいのは、バイコムのBafi 2本&バクテリア定着用にスポンジ1枚

硝酸塩&亜硝酸塩の測定もすれば直ぐに分かるのかもしれませんがZeovit systemだから必要ないと測定試薬もなく。。。
硝酸塩&亜硝酸塩が出てもスキマーが取り除いてくれると安易に考えていましたが原因が分からない今となっては思いついた物は全て疑って実行するしかない状態です。

とりま
バイコムのBafi 2本&バクテリア定着用のスポンジ1枚撤去( ̄▽ ̄;)
DSCF3633.jpg

2週間程様子見してみたところ結構変化が出てきたので比較してみたいと思います。

before
DSCF4052.jpg
after
DSCF4055.jpg
やはりZeovit systemにスポンジ系を入れるのは厳禁かもしれません。。。
少し銭無いよシステムを取り入れたかったのですがうまく行きませんでした( ̄▽ ̄;)

Zeovit systemのマニュアルを守れ!つー話なのですが。。。
マニュアルで縛られると線路を走ってる感じで面白くない。。。途中から飛行機に乗りたくなるw
まぁ実際は墜落してるんですけどね。。。

でもこれで身を持って実感出来たのでよしとします^^


続いてナンヨンハギ
先程藻類が減り喜んではいますが、少し心配なことも起きています( ̄▽ ̄;)

それは藻類がナンヨンハギの主食になっているからです。
簡単に言うと餌付け失敗( ̄▽ ̄;)

DSCF4056.jpg
写真では分かりづらいですが。。。


お腹がボコボコ!?


ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!


DSCF4053.jpg

これ全てナンヨンハギのご飯です。

底砂ごと食ってますwww
ナンヨンハギは個性的とお聞きしましたが変態かも( ̄▽ ̄;)
今の所元気で泳ぎ回っており石も排出しているので様子見状態です。

ナンヨンハギの事を考えると藻類が無くなった方がよいのか悪いのか悩みどころですね。。。


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
        

ナンヨンハギvsブラックバンデッドエンゼル

category - 海水魚
2017/ 05/ 28
                 
カクレクマノミ&ハタゴイソギンチャクを入海後、ナンヨンハギを探していたのですが中々大きめサイズの生体に出会えず。。。

小さな5~6cmサイズのナンヨハギは結構販売されているのを見掛けますが、10cm位のサイズは少ないですね

そんな中アクアギフトさんとこで10cm位のナンヨンハギが販売されたので即ポチしませんでしたw
ナンヨンハギを買うつもりでしたが、ある生体が出現、激安だったのでそっちをポチるかかなり悩みました。

その生体はブラックバンデッドエンゼル!
価格は59800円と50offの破格。。。
これはかなり悩みましたね( ̄▽ ̄;)






でgetしたのは。。。
S0014050.jpg

衝動買いをせずに予定どうりナンヨンハギをget^^

寝ぼけていた時間帯だったけど冷静に判断出来ましたw

購入しなかった理由
  1. 餌付けに失敗したらマリンアクアテンション暴落
  2. 探し続けていたサイズのナンヨンハギが居た事
  3. ボーボーのハイマツが丸坊主になりそうだから
  4. 出費も10倍以上

あの価格はやばかったけど。。。今はもぅSold out。。。過ぎた事は忘れましょう^^

前はナンヨンハギには余り興味が無く、名前もチャイナっぽい
オイラ的にはそんな印象でしたが最近、クマノミを入海後やたらナンヨンハギを入海させたくなりました。
やっぱり映画の影響が大きいのかもしれません

getしたナンヨンハギのサイズは11cmとオイラのタンクではやや大きめです。
サイズ拘っていたのはハタゴイソギンチャクが入海してるので、小さいと餌食になってしまうので大きめを探していました。

DSCF4054.jpg

濃いブルー at 鮮やかなイエロー^^
人気のお魚はやっぱり綺麗ですねドリーにそっくりだw

DSCF4051.jpg

イメージは、マーリン & ニモ & ドリーです。



続いて現在の悩みはカイメンに続き。。。
DSCF4052.jpg

豊富な緑地。。。。です( ̄▽ ̄;)

底砂を敷いて暫くすると、この有様。。。原因が分からず悩みどころです。
バクテリア不足?ウミミズムシ&ヨコエビはウジャウジャいるけど?
もぅ半分底砂リフジ入ってるやけんども。。。
離陸する砂もチラホラ

せっかくべっぴんサンド99敷いたのに。。。やらかしました。
ミニミニさんごめんなさい(´。・д人)
PHは常に8以上を維持してくれるのでいいかも

珊瑚&お魚の環境的にはどぅなの分かりませんが。。。
見た目的には確実にマイナスでね( ̄▽ ̄;)


S0194047.jpg

んーキリル文字に見えるのはオイラだけ。。。りィェーフ?


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
        

フロートステーションの自作 (AFS専用)

category - Neptune Apex
2017/ 05/ 13
                 
オーバーフロー水槽では、どぉしても餌を投下すると水面を漂い半分以上フロー管に流れてしまいます。
その為オーバーフロー水槽では、流され防止の為フロートステーションを設置して餌を与えするのが一般的です。

手動での投下する場合は市販のフロートステーションでも問題ないと思いますが、自動給餌器で投下する場合はサイズ&形が合う物がないのでかなり限られて来ます。
しかも吸盤roマグネットでの設置はしたくないと考えてて。。。
もぉこの条件を満たす製品はこの世に存在しないですね

現在ApexのAFSを設置していますが、このフロートステーション問題で稼働せず手動です( ̄▽ ̄;)


S0214049.jpg

水槽は成るべくスッキリさせたいので、アクリルパイプを使って餌やり後片付けています。
ちょっと苦になって来たので。。。
重い腰を上げてAFS専用フロートステーションをDIYをる事にしました。

DIYする前にどんなフロートステーションを製作するかまとめて行きます。

  1. ApexのAFS専用
  2. マグネットro吸盤は使わない
  3. 形は四角
  4. アクリル板で製作
  5. 美観性を重視

設置場所がメインタンクの目立つ所なので、今回は美観性がとても重要になります。


アクリル板。。。get
S0014024.jpg

はざい屋さんで、4枚セミオーダーカットしてもらいました。

S0024025.jpg

クリアー厚さ5mm
小物は3mmでも良かったかもしれませんね。。。

S0054029.jpg

アクリル接着剤、光 を使って接着していきます。
アクリルサンデーよりも粘土が低く、浸透しやすく不意に付着した際も跡が残りづらいです。

S0034027.jpg

完成
サイズは90×60×60mm
最後の接着がちょっと難したったですが殆ど空気が入らず製作出来ました^^


設置
DSCF4031.jpg

AFSのクランプに挟み込む感じなので、マグネットro吸盤も使わずシンプルです。

DSCF4034.jpg

餌待ち。。。?

DSCF4032.jpg
苔だらけですが気にしないで下さい。。。

下から
クリアーは水中では同化して目立ちませんね

DSCF4033.jpg

んーやっぱり2~3mm厚の方がよかったかも。。。( ̄▽ ̄;)

これ浮いてないから。。。
フロートステーションじゃないね。。。
フードステーションかも?
餌は浮いてるからやっぱりフロートステーション?

まぁどっちでもいいやw


これで餌やりを忘れずに与える事が出来るようになりましたとさ^^


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)