FC2ブログ
   

Recent Article

              
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

E.S.V. の活性炭を買ってみました

category - 添加剤
2018/ 02/ 19
                 
E.S.V.製品は、CaとAk添加剤で愛用しているメーカーで、そろそろ二つの添加剤が少なくなって来たので注文時期。。。
CaとAk添加剤だけで取り寄せするのは寂しいので、マリデポ物色していたところ海外の活性炭が気になりその他色々購入してみました。
今回は海外の活性炭を紹介したいと思います。

購入した活性炭は、
E.S.V. Granular Activated Carbon 3.5 lb
DSCF4247.jpg

添加剤と同じE.S.Vの活性炭で3.5ポンドの多いいタイプを選びました。
とは言え少ない方ですね
他社だと20ポンドとか普通に売ってるから桁違いですw

まぁこれでもKz社の活性炭より若干安く、量は3倍以上あるのでお買い得だと思います。

お値段も量もそぉなんですが、活性炭の形状に興味が湧きました。

形状はこれ、
DSCF4248.jpg

日本ではあまり見かけない形状でかなり細かく底砂みたいな感じです。

Kz社と比較するとこんな感じで木っ端微塵
DSCF4249.jpg

同じ量でも細かいと、露出体積が多くなるから水が綺麗に浄化される気かします。
ただ問題なのは細かいので、取り扱いは厄介かもですね
ミスってぶちまけたら大変!過去に経験済みでね。。。( ̄▽ ̄;)

海外では、リアクターとかに入れて回していますが、そんなもん持ってないので。。。
DSCF4250.jpg

200µのフィルターソックスに50㌘入れて排水を受ける感じにしてみます。

DSCF4251.jpg

てけとーに水洗いして
目図まりで1ヵ月持たなかったらまた考えることにします。

Kzマニュアルだと他社の活性炭を使用した場合、珊瑚の色落ちを確認した的なことが書いてあったような気がしますが。。。ポール氏の販売戦略と解釈しておきます!

まぁ活性炭変更しても、恐らく変化とか感じられない気がしますね
活性炭入れた時は水がクリアーになったって分かりますが、1ヵ月も持続してる感じは薄いです。


効果よりランニングコストが下がれば良いかなって感じです。



Пока Пока(ヾ(´・ω・`)







            
スポンサーサイト
            
                                  
        

ヒーター交換&設置

category - 機材
2017/ 10/ 28
                 
久々に書いた記事がまさかの愚痴ブログにブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

今回は、真冬に向けてそろそろ本格的にヒーターの設置を考えないといけない時期なのでヒーターネタで行きます。

うちは140ℓくらいで300wサイズでちょうど良い感じです。

今年は、訳ありで今まで使っていた海外製の安いチタンヒーターでしたが使えない。。。
理由はスキマーのpumpを大きなDCにスワップしてスペースが確保できなくなってしまったからです。
カバーなしのチタンヒーターを干渉させずに設置出来なくなってしまった。

まだ余り寒くないので150wのcobaltで夜間~明け方を凌ぎます。
DSCF4238.jpg 
その間sumpに設置できそぉなヒーターを探しました。

今まで使用していたチタンヒーターは耐久性は抜群に良かったですが、安全性はよろしくないので今回は安全性重視で購入を検討


プロテクトProヒーターの300w
DSCF4233.jpg

アルミのカバー付きで英石仕様、安全装置空焚き防止付き

また海外製の物かと思われそぉですが日本製です。
ヒーターに関しては海外製より安全性重視で設計されているのでよい商品が多いと思います。

DSCF4236.jpg

上が今回買ったヒーターで下が今までのチタンヒーターサイズ的にはあまり変わりませんね
耐久性や腐食性が高いことに越したことはないですが、スキマーを少し焦がしたのでやっぱり安全第一を取りました。

ただ心配事もいくつかありますね
海水魚だとどぉしても金属系には敏感になってしまいます。
DSCF4239.jpg

カバーのネジ。。。
コーティングはしてあるけど。。。ものすごく鉄ポイ( ̄▽ ̄;)

DSCF4237.jpg

アルミカバーが心配。。。

『錆びにくい!』錆びないって言いきってないからダメかもブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

稼働率を考えて頑張っても2シーズンかな。。。

嫌でもこれしか設置できんし。。。


設置
DSCF4240.jpg

Sump底に設置するのがベスト何ですが、スペースが無いのでこんな感じに。。。
まぁ最悪は空焚き防止装置が付いてるから安心です。
カバー付いているので水中でヒーターを素手で握ていても暖かいくらいで全然熱くない、機材に干渉しても問題ないですね^^

にしてもこれ改善しないとダメだな。。。( ̄▽ ̄;)


ヒーター交換&設置でした


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
        

スキマー&ポンプの調整に終止符?

category - プロテインスキマー
2017/ 09/ 03
                 
昨日スキマー調整の記事を問題だらけでアップしましたが。。。
今日閃いて改善したのでまた書く事にします。

Double Cone 130にRed Dragon3 Mini Speedyをスワップをさせポンプが強力すぎて調節できず悩んでいる件の続きの記事になります。

こっから読まれる方は1個前のブログも読んでください(´。・д人)


昨日あれからスキマーは大きな噴火はなかったものの。。。
DSCF4163.jpg

蓋が1日で汚ならしくなり新たに改善を余儀無くする事になりました。

やはり必要なパーツを外したので当たり前の結果かも。。。



っで
今日着目したのは、ポンプ側の吸い口です。
昨日はスキマーを本体を弄り倒したけど。。。
そもそも食べさせなければ出ない法則です^^

水やエアーを吸わせなければ排水も少なくなるって事ですね


吸い口の変更
DSCF4161.jpg

左がDouble Cone 130用のノズル、右が200 VS13用をカットしたノズルです。
はめ込み部分は両方40の塩ビ管サイズでしたのでこれを入れ替えて吸引量を減らしパワーダウンさせる試みです。

DSCF4162.jpg

吸い口は結構違いますね
もぉこれでもダメならインペラのPINを減らすしかない(-_-;)


ノズル交換
DSCF4166.jpg

ちょっと全長が長くなりましたが、多少ポンプのパワーを上げても調整が効く感じまでパワーダウンしました。
外したパーツも全て戻し昨日の努力は泡に成りましたw
因みに稼働中ですが水面は穏やかそのものです。


コーン部分
DSCF4167.jpg

泡も正常位置、スキマーからの泡戻りも全くないので、Sumpの透明度はよいですね

カップ部分
DSCF4168.jpg

噴火する様子もなく泡をコントロール出来、支配下に置きましたw

現在は消費電力20wでスキマーの排水ゲートは半分閉めてこんな感じです。
あとは様子を見ながら微調整って感じですね

因みにエアーの吸引を落とす事も試みましたが、何故かポンプが自動停止してしまうので負担が大きいと思われます。

Pumpの性能を考えると宝の持ち腐れぽくなりましたが、、、
ロイヤルさんもぉ少し小さいDCポンプ(屮°□°)屮カモーン

あ~静かだ~(*´∀`*)

Red Dragon3 Mini Speedyのスワップはこれで完結だと思いたいです。



Пока Пока(ヾ(´・ω・`)


                         
                                  
        

スキマーポンプの変更&加工

category - プロテインスキマー
2017/ 09/ 02
                 

現在スキマーは、ロイアルのBubble King Double Cone 130を使用しています。


新品購入後2年ちょっと経ちますが、特にトラブル&故障もなくフル稼働してきたので、色々メンテナンスが必要な時期だと感じています。

Oリングの劣化も見られるので交換時期だしポンプの故障にも備える必要があると思います。


ロイヤル製品でも2年も使用してると悪いとこ良いとこが明確に分かってきます。


ポンプの予備がないので予備をキープしたい、そしてDCポンプでないので色々問題や不満を感じている。


現状こんな感じで、ACポンプからDCポンプに変更したい気持ちが強くなって来ました。

スキマーを DCポンプのDouble Cone 180に買い換えるか検討したが明らかに、Sumpに収まらない。。。でもDCにしたい。。。どしお( ̄▽ ̄;)


で思いついた発想は。。。

Double Cone 130にDCポンプをスワップさせちゃえ^^

外したポンプを予備にすれば一石二鳥!



早速こんな物をお取り寄せ^^

DSCF4131.jpg


ロイアル系です


DSCF4132.jpg


ロイアルだけは開封の度、貴賓を感じさせてくれなすね。。。


DSCF4135.jpg


Bubble King 200 VS13用のDCポンプですね

これをDIYで加工してDouble Cone 130にスワップさせます^^


これをチョイスした理由は、メインポンプと同じタイプだからです。もしもメインが壊れた時にも、このポンプのインペラを交換してやれば使用出来るから一石三鳥?


DSCF4134.jpg


Double Cone 130用のOリング契れて来たので交換



現状。。。

DSCF4137.jpg


静寂だとやはり音&振動が気になってしまいますね( ̄▽ ̄;)

sumpスペースは狭いですがポンプの位置&向きを合わせれば入りそぉです。

このポンプの消費電力は16wとのことですが。。。実際は57w辺りを叩き出しています。

恐らくメンテ不足で抵抗が掛かってるんだと。。。DCにすれば半分くらいに出来るはずです。




Red Dragon3 Mini Speedy 加工&調整

DSCF4136.jpg


吸水口部分をカットしてコンパクトに、排出口の向きを変更

ポンプ向きを合わせると排出口が上がってしまうので、スキマー本体を数センチ上げます。



Double Cone 130取り出し。。。

DSCF4139.jpg


暫くメンテナンスしていなかったので。。。渦巻きゴカイがぎっしり付着してるのでクエン酸に漬け込んでから洗浄します。


DSCF4141.jpg


今まで開けられず初めて開けたら塩ダレが凄かったw




DCポンプ仮合わせ。。。

DSCF4142.jpg


ポンプとコーンのバランスが可笑しいですが。。。大丈夫かな?


DSCF4143.jpg


スキマー本体は、40の塩ビ管一本挟むとちょうど良いのでこれでいいやw



設置

DSCF4160.jpg


結構ギリギリでしたが、すんなり入ってくれたので第一関門クリアー


コントローラー設置

DSCF4157.jpg


キャビネットもスペース限界ですが奇跡的に入った^^

左がメイン用、右がスキマー用ですが。。。サイズが大分違いますね( ̄▽ ̄;)

スキマー用のコントローラーはメインポンプ用に比べ発熱は高いですね

操作方法も違いスキマー用は20wから始まる感じ。。。(不安)

V10対応みたいなのでインターフェイスアダプターを買えばApexでも制御可能みたいです。



Red Dragon3 Mini Speedy 起動。。。

DSCF4146.jpg


ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!


DSCF4147.jpg


やばい!Sumpがスキマーになりそぉ( ̄▽ ̄;)

最弱の20wでも排水バルブ全開撤去にしてもスキマー噴火するΣ(○>Д<ノ)ノ



スキマー噴火防止措置。。。

DSCF4154.jpg


やもなく撤去したパーツです。。。



排水バルブ加工。。。

DSCF4144.jpg


調整出来るレベルではないので赤いゲートは撤去してこの部分だけ使うことにしました。


DSCF4145.jpg


本来は排水する部分ですが、この部分はキャップをして水中でのマイクロバブル散乱を防止させます。

次に40用のエルボがピッタリ、ハマったので装着、水面上に排水させバブル崩壊させる作戦です。


DSCF4155.jpg


マイクロバブルは大分減りましたが。。。排水方向はポンプ層にマイクロバブルが流れづらくするため反対に向ける事になりました( ̄▽ ̄;)


DSCF4158.jpg


色々手を打ちましたが、スキマー層の左側にマイクロバブルが舞ってしまいますね

ポンプ層の水面でほぼバブル崩壊しメインに舞うことがないので良しとしました。


コーン内の泡の量でDCポンプの凄まじさが伝わるかと思います(-_-;)



カップ部分。。。

DSCF4159.jpg


カップ内のパイプまで撤去

カップの排水口は閉めたままでペースト状の濃いものだけ除去する事にしました。するしかない( ̄▽ ̄;)

とりあえず汚物が取れ始めたので様子見です。



ここまでやって何とか噴火せずに安定させる事に成功

もう少しワット数を落とせれば良いのですが20wが最弱

泡が下に行ってロスも有りますが、約1/3に節電でき音&振動は分からないレベル、スキミングもパワーアップ?


Double Cone 130のパーツを外すのは想定外でしたが、音&振動が無音になったので満足しています。

またいい方法が思い付けば変更して行く予定です。




おまけ


プロトタイプ1

DSCF4150.jpg


プロトタイプ2

DSCF4151.jpg



Пока Пока(ヾ(´・ω・`)



                         
                                  
        

ナンヨンハギと戯れる

category - 海水魚
2017/ 08/ 19
                 
以前入海させたナンハギをうまく飼育できてるので紹介^^

カクレクマノミのニモを入海させたら必然的に、ナンヨンハギのドリーを入海させない手はないと勝手ながら思い込んでしまいました。

どちらも、素人でも餌付け&飼育は安易な生体だと感じました。

初心者さんは
カクレクマノミ&ナンヨンハギがセット

マリンアクアリストさんは
カクレクマノミ&ハタゴイソギンチャクがセット

でもおいらは、欲張りに
3色欲しいと全て入海させています。

なので各生体の特徴を理解して入海させないと大変なことになり兼ねないので勉強しました。

そんな訳でナンヨンハギを入海させるにあたって少し大きめ!ハタゴイソギンチャクに突入しても脱出出来るサイズを入海させています。

DSCF4111.jpg

うちのタンクには少し大きめですが濃いブルーに鮮やかなイエローで顔のそばかすがいいですね^^
目がドリー見たいに赤なら最高ですアニメと違い歯は鋭いのでリアルさを感じますねw

大きめサイズを探してきたので、最初は粒餌を食べてくれず食べ物とは認識しないレベル
餌付け失敗するかなっと感じつつ気長に餌やりしていました。

空腹に耐えられず浮遊物を物色しはじめ粒餌メガバイト海藻を食べ物と認識してくれた感じです。
危ないあぶない、またやらかす所でした^^


ナンヨンハギの性格
タンク内を活発的に、泳ぎ回るので水槽の魚として演出には良いお魚です。
ただシマヤッコとは違った感じの臆病な所が有るので、ちょっと困りますね

シマヤッコは、絶食&ひきこもりな感じですが。。。
ナニヨンハギは、パニック暴走的な感じですw

ビックリすると全力で泳ぎ回ってからライブロックの隙間にハマるのがお決りです。
ガラスに激突してコツっ!といい音を立てるし、この前はタンクからの飛び出も経験しました( ̄▽ ̄;)

特にタンク内が濁る添加剤、ZeozymとCorlsnowが苦手なようでパニックになってしまいます。

とは言え刺激を与えなければ普段は大人しく泳いでます。
DSCF4110.jpg

水面近くを泳いでいる時は、指でスリスリ出来お触りOK見たいです。
その気になれば、手掴み出来るので何かと都合も良いかも^^

因みに水面近くを泳ぐ死にかけでは無いのですよw

指からの餌やりもやてみたいけど。。。
ガッツキ方がハンッパないので指まで鋭い歯でかじられそぅで。。。( ̄▽ ̄;)

底砂が有った時は、白点とかちょこちょこ発症してましたが、ベアタンクにしたら変な病気にならなくなった。

やっぱりナンヨンハギ映画のメインに抜擢されるだけあって魅力的なお魚ですね^^


Пока Пока(ヾ(´・ω・`)

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。